買い物

100円でも侮れない ダイソーの薄型スマホリング #ダイソー #スマホリング 1 レビュー

100円でも侮れない ダイソーの薄型スマホリング #ダイソー #スマホリング

 XperiaのCompactモデルは、幅が65mm程度のため片手で操作ができる。しかし、片手で持つと落としそうなことがあるため、ストラップを付けてそれを防止していた。ところが、いま使っているXperia X Compactには、ストラップホールがない。代わりにスマホリングを付けている。
レビュー

カーボンファイバーのヘアラインと金属が高級感を漂わせるMi bandのバンド #スマートウォッチ #Mi band 3

 1月5日に注文したスマートウォッチのMi band 3用のバンドが19日にようやく届いた。Mi band 3に同梱されていた黒いシリコン製の物と比べると、このバンドは金属の光沢感やカーボンファイバー特有のヘアラインが高級感を漂わせている。しかし、これが写真で伝わりにくいのが残念だ。
買い物

66日ぶり3回目――ガラスフィルムが割れた #ガラスフィルム #割れた #Xperia X Compact

 スマホに装着しているガラスフィルムがまた割れた。前回は2018年11月3日だったので66日間だったようだ。さらに、これで3回も割れたことになる。全面ガラスがこのように割れることが多いようで、今回はフチは炭素繊維で全面吸着のフィルムを注文した。
レビュー

1本でシヤチハタ印+印鑑「ネームデュオ」の注文から組み立てまで #シヤチハタ #印鑑

 シヤチハタが販売している、いわゆるシヤチハタ印(ネーム印)と印鑑が1本になった「ネームデュオ」が発売された。版面はオーダーメイドのため、購入から利用できるようになるまで8営業日かかる。また、このオーダーにも注意する点がある。
買い物

スマートウォッチ「Mi band 3」はファッションアイテム

 スマートウォッチの「Xiaomi Mi band 3」を購入して2週間程度使っている。非常に快適だ。装着感はまったくなく、日中の活動量と睡眠の測定も精度が高い。5,280円という価格とは比較できない商品だ。そんな中、ふとAmazonのおすすめ商品を見ると、Mi band 3のバンドがあった。なんとなく開いてみて調べたら、Mi band 3のサードパーティーのバンドが無数にあることに気が付いた。...
レビュー

マグネット接続のUSBケーブルでもスマホが高速充電できる「ZRSE」

 以前からクラウドファンディングなどで期待されていたマグネット接続のUSBケーブル。最近は、市販品が数多く出回っている。その中でコネクタの種類やラインアップを比較したら「ZRSE」(ザスイ)の製品が良さそうなので、試しに1本購入。これが非常に便利だったため、USBの充電はZRSEで揃えた。主にmicroUSBの機器で利用しており、急速充電もできるのでおすすめだ。
レビュー

「ゆるキャン△ 志摩リンのストライプマフラー」――これは“開封の儀”をしなければならないだろ

 商品レビューのブログでは定番となっている“開封の儀”。わたしは大抵、それを飛ばして読んでいる。それよりも使い勝手や機能などを知りたいからだ。しかし、「ゆるキャン△ 志摩リンのストライプマフラー」は開封の儀を書くしかないだろう。それは、価格は4,000円程度だが、10,000円以上に見えてしまうほどだからだ。 アニメグッズとしての上乗せ価格はない  「ゆるキャン△ 志...
買い物

Google Fit&無線LAN対応の体重計は「Body」がおすすめ

 Google Fitに対応してデータが転送できる多機能な体重計いわゆる“体重体組成計”がほしい。現在はオムロンの「体重体組成計 HBF-253W」を使っているが、これと同様にスマートフォンが必要ないWi-Fiでデータをアップロードする体重体組成計を探したが、対応商品はノキアの「Body」シリーズだけだった。
買い物

Google Fit対応小型スマートウォッチは4千円台の「Mi Band」がおすすめ

数多く発売されいるスマートウォッチ。Google Fit対応、自動で同期、運動量と睡眠時間の測定、装着感がないことを条件に探した。その結果、Xiaomiの「Mi band 3」を見つけた。
買い物

同じ製品でもどこで売るかで価値が変わる

 タブレット端末を立てるために買ったスタンド。猫の形に曲げられたワイヤーが気に入って即購入。5年くらい前に買ったが、飽きずにパソコンの上に置いている――。と言っても、実はタブレット端末のスタンドではなく、Amazonで買った1,000円程度のまな板立てだ。
買い物

体脂肪率の算出方法はオムロンとタニタで異なる

 これまで、タニタの体重体組成計を使っていたが、毎日、パソコンやスマホで記録していたら面倒になってきた。そのため、Wi-Fiで測定値をアップロードできるオムロンの「体重体組成計 HBF-253W カラダスキャン」を購入。しかし、タニタの製品から、オムロンの製品に移行した途端、体脂肪率が急激に上がった。
レビュー

USB指紋認証デバイスは「FIDO」と「Windows Hello」の両対応製品を購入

 不正ログインを防ぐためには指紋認証が有効だ。そのため、このような指紋リーダーは数多くラインナップされているが、「FIDO」と「Windows Hello」の両方に対応した製品を買うことをおすすめする。
買い物

25日間で割れてしまったスマホのガラスフィルム

 またスマホのガラスフィルムを割ってしまった。前回は購入から2週間だったが、今回は25日間。ポケットからスマホを取り出そうとしたとき、手が滑り、ディスプレイを下にそのまま地面に落下し、ガラスフィルムが派手に割れた。 "  もう、ガラスフィルムは消耗品と割り切ることにした。今回の落下もガラスフィルムがなければ、ディスプレイにひどいキズが付いたのだろう。それを考えると、おおよ...
レビュー

マウスもキーボードも操作できるパソコン手袋「841 ハンドウォーマー MAX」

寒い日に部屋に1人だけなのに暖房を使うのはもったいない。でも、温度を下げると手が冷える。手袋を付けるとパソコンの操作ができない。そんなときに有効なのが指なし手袋の「841 ハンドウォーマー MAX」だ。
買い物

まだ11月だけど月刊誌はもう2019年

 2018年も残り1か月と少しだ。わたしは月刊のまんが雑誌「まんがタイムきららMAX」を定期購読しているが、11月19日発売分は「2019年1月号」とされている。ほかの雑誌も同様に、2018年12月下旬の発売でも2019年1月号としている。これは「40日ルール」というものがあるからだ。
買い物

アマゾンの外箱にサンタクロース ――実は広告

 いつものようにAmazonから荷物が届いたが、箱にサンタクロースのイラストが描いてあった。「Amazonからのクリスマスプレゼント?」などと思ったが、これは広告。Amazonから届く荷物に広告が数枚入っていることがあるが、外箱が広告というのは初めて見た。
買い物

MIKASAのコインと美琴のコイン

 アニメや映画、ドラマの登場人物が身につけている物を自分も持ちたい――ファンになると、そうやっていつでも作品の世界に浸っていたいものだ。と言うわたしもその1人で、最近、MIKASAの「TCVA トスコイン」を購入した。
レビュー

トリプルコンフォートイヤーピースは付け心地の良さが感じられる

イヤホンのイヤーピースは、音が決まる重要な部品だ。簡単に交換ができるため、多くのメーカーが販売している。その中でも「トリプルコンフォートイヤーピース」はおすすめだ。
レビュー

単三電池と同じ太さ、ちょっと長い小型のLEDライト

 わたしは常時カバンに小さな懐中電灯の「マグライト ソリテールLED」を入れている。小さな懐中電灯は、100円ショップでも手に入るが、明るさが足りなかったり、たくさんのボタン電池を使っていたりするなど使い勝手が悪いが、マグライト ソリテールLEDは単四電池1本だけで使用できる。
買い物

遺伝子組み換え農産物はすでにありふれている

 ふと、レトルトパウチのカルボナーラの原材料名などを確認したら、「動物油脂(大豆):遺伝子組み換え不分別(遺伝子組み換え大豆が含まれている可能性があります。)」との記載を見かけた。「ついに遺伝子組み換え農産物を口にするようになるのか」と思ったが、調べてみると、すでに多くの遺伝子組み換え農産物を食べている可能性が高いようだ。