30%引きと30%のポイント――賢い選択は30%引き

物を買うとき、仕様などを比較してどの製品を買うのか、どのお店で買うかなどを比較するが、その中でも価格は重要だ。しかし、同じ価格でも「30%引き」と「30%ポイント」のどちらが有利か。この場合、30%引きを選ぶ方が賢い選択だろう。では、なぜ30%引きなのか。10万円の商品を例に比較してみる。

30%引きの場合

定価が10万円の商品の30%引きは、定価の10万円から30%の3万円を引いて7万円で買える。非常に単純だ。

・値引き額
定価×割引率→
10万円×30%=3万円
・値引き率
30%

30%のポイントの場合

一方の30%のポイントは、考え方が2通りあるだろう。1つ目の考えは、“定価の10万円からポイントの3万円分を引く”という考えで、30%引きと同じだ。

・値引き額
定価×ポイント→
10万円×30%=3万円

10万円で10万円の商品と3万円の商品券を買うという考え

しかし、異なる解釈もある。それは、10万円を支払い、10万円の商品と3万円のポイント、つまりそのお店で使える3万円分の商品券を買うという考え方だ。

・値引き額
(定価+(定価×ポイント))ー定価 →
(10万円+(10万円×30%))ー10万円=3万円
・値引き率
100%ー(定価÷(定価+(定価×ポイント))) →
100%ー(10万円÷(10万円+(10万円×30%))=23.08%

※付与されるポイント → 定価×ポイント
※定価の商品+ポイント → 定価+(定価×ポイント)
※商品+ポイント → 10万円+(10万円×10%)

となる。

とこのように比較をしたが、30%引きか23.08%引きかという割引率は無意味かもしれない。それは、割引は支払額が3万円少なくなり、ポイントは3万円分の商品券が付いてくる。いずれも3万円分の恩恵を受けている。

しかし、割引とポイントを比較した場合、割引を選択する方が賢いだろう。それは、3万円の現金(またはクレジットカード支払いなどが3万円減る)と、3万円分のポイントは価値が違うからだ。3万円の現金はどのお店でも使える。しかし、ポイントは利用できる店舗や利用期限が設定されているためだ。

タイトルとURLをコピーしました