LTEにも対応した108gのスマホ「Atom」が気になる

 クラウドファンディングのCAMPFIREにて、LTEに対応した“世界最小”としているスマートフォン「Atom」が資金を調達している。現在は、クリップ、アームバンド、自転車マウントがついて24,490円だ。

~小さいは正義~世界最小4Gタフネススマートフォン『Atom』いよいよ日本上陸!
Unihertz Atomは世界最小4Gタフネススマートフォンです。約1600万画素カメラ・指紋認証・防水・防塵・耐衝撃・デュアルSIM・NFC・ゴリラガラスなど、超小型でもフル機能搭載。ポケットに入らないスマホに困っている方、2台目としてサブスマホを探...

 Atomは屋外やスポーツでの利用を想定した小型のスマートフォン。防塵、耐衝撃、さらにはダイビング中に使っている写真があるところを見ると水中でも利用できるほどの防水性能(IP68)があるようだ。このように屋外での利用が想定されているものの、Android 8.1、NFC、指紋認証など、搭載している機能は最近のスマホに引けを取らない。また、デュアルSIMに対応しており、2つともLTEに対応している。

 SIMロックフリーで、国内ではNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクのネットワークに接続できることが確認されている。

 最大の特徴はコンパクトなことだ。大きさは96mm×45mm×18mm、重さは108g、ディスプレイは2.45インチ(240×432ピクセル)という大きさ。写真にはジーンズのコインポケットから取り出すシーンがあるため、それを考えると大きさが分かりやすいだろう。

 わたしは、ウォーキングやランニング中にGoogle Play Musicを用いた音楽プレイヤーとして使ってみたい。この際、外の音が聞こえないと危険なので、開放型であることは絶対条件だ。また、防水または防滴、価格によってはBluetoothがあるとうれしいところだ。

 いろいろ探してみたところ、一番の候補は、ソニーの「WI-SP500」。開放型でBluetoothに対応している上に、アマゾンでは7,000円程度で販売されている。また、

Not Found
タイトルとURLをコピーしました