UPSでゲリラ雷雨からパソコンを守る

5.0

 雷による停電や過電圧でパソコンが停止し、さらには故障することがある。これを防ぐのが無停電電源装置(UPS)だ。

UPSでゲリラ雷雨からパソコンを守る 1
RS 400 BR400S-JP E

RS 400 BR400S-JP E

14,978円(07/15 09:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

ゲリラ雷雨が引き起こすパソコンの故障はUPSで防ぐ

 ゲリラ雷雨によるパソコンの故障の原因は2つある。1つは停電によるもの。正しい手順で電源を切らないとHDDのデータが破損する可能性が高くなる。2つめは、「雷サージ」だ。これは雷が送電線に影響を与えて、自宅などに供給されている電気の電圧が瞬間的に上がり、パソコンの電源が壊れるというものだ。UPSを使うと、これら2つの障害を最小限に留められる。

 このUPSは、大きな充電電池、電池付きのテーブルタップといったところだ。自宅などに供給されている電気をUPSに供給。このUPSには複数のコンセントが設置されており、ここにパソコンなどを接続することで、停電が起きてもパソコンは動き続ける。

家庭用は10,000円からSOHOレベルは13,000円程度

 このようなUPSだが、業務用で価格が高いというイメージがあるが、家庭用は10,000円以下、SOHOレベルの製品でも13,000円程度で購入できる。おすすめなのは、APCの「BR400S-JP」だ。

UPSでゲリラ雷雨からパソコンを守る 2
APC RS400VA Sinewave Battery Backup 100V - APC Japan
APC RS400VA Sinewave Battery Backup 100V
RS 400 BR400S-JP E

RS 400 BR400S-JP E

14,978円(07/15 09:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

 ほかの製品にも同じ機能があるが、BR400S-JPとパソコンをUSBケーブルで接続すると、一定時間、停電が続くと正常な手順でパソコンが自動的にシャットダウンする。

 UPSを利用しているのは、停電時にもパソコンやサーバー、テレビに接続したHDDを使い続けるためではない。停電によるデータの破損を防ぐためだ。そのため、5分の停電でパソコンやサーバーを自動的にシャットダウンするように設定している。

 このように5分の停電でパソコンの電源が切れるように設定しているのは、停電時にUPSになるべくたくさんの電気を残しておくためだ。

 これは、万が一、地震や台風、洪水などで長時間にわたり停電が起きた場合、スマホの充電に使うことを想定しているからだ。災害時は、インターネット、テレビ、FMラジオなどによる情報収集や安否確認が必要。これにはスマホが適しているが、長時間の停電によりスマホの電源が少なくなる可能性が考えられる。そこでUPSからスマホを充電する、という想定だ。

UPSでゲリラ雷雨からパソコンを守る 4
正面にディスプレイが付いており、バッテリーの残り時間、給電されている電源の電圧、消費電力などがパソコンがなくても確認ができる。
RS 400 BR400S-JP E

RS 400 BR400S-JP E

14,978円(07/15 09:55時点)
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました