「2000円からクレジットカードOK」は加盟店規約違反の可能性が高い

 Twitterで、「1000円から電子マネーOK」「2000円からクレジットOK」という情報番組の画面キャプチャを見かけた。これはクレジットカードの加盟店契約違反になる可能性が高い。

 電子マネーであるSuicaは見つからなかったが、VISAやマスターカードなどを扱う三井住友カードの加盟店規約によると

第4条(信用販売)
1.加盟店は、会員が、カードを提示して、物品の販売、サービスの提供、その他加盟店の営業に属する取引を求めた場合は、本規約に従い、現金で取引を行う顧客と同様に、店頭において信用販売を行うものとします。

https://www.smbc-card.com/kamei/kiyaku/responsive/pdf/smbc-card_kiyaku_shop.pdf

と書かれている。

 つまり、クレジットカード払いも現金払いと同じ扱いでなければならない、というわけだ。そのため、「2000円からクレジットOK」は、1,999円まではクレジットカードが使えないつまり、現金と扱いが異なるため、加盟店規約に違反する可能性が高い。

 同様に、クレジットカード決済の手数料をお客に負担させるのも規約違反の可能性が高い。カード会社に連絡をするまでもないが、今後はこのようなお店を利用しない方がいいのだろう。