Androidスマホは「Quick Charge」で急速充電 #Anker

5.0

 数多く販売されているスマホの急速充電器。それらの製品のパッケージには「2A対応」と書かれていることが多い。これは、一般的には1Aだが、スマホの充電に2Aの電流を流すというものだ。しかし、充電器とスマホの組み合わせにより、うまくいかないこともある。そんな中、クアルコムが開発した「Quick Charge」に対応した製品はそんな心配はない。

Quick Chargeの実力は?

 Quick Chargeは、充電器とスマホの状態を自動的に確認して、なるべく高い電圧や電流で充電するという技術だ。

Anker | Quick Charge Revolution
28 smartphones up for grabs and discounts on the latest Qualcomm Quick Charge gear. Join the Anker Quick Charge Revolution now: US, UK, Germany and Japan only.

 そこで、実際に測定してみた。使用した機器は、

  • スマホは「Xperia X Compact」
  • 充電器は1A供給の「ラディウス USB ACアダプター」
  • 急速充電器の「Anker PowerPort Speed 5」
  • ケーブルは「Anker PowerLine+ USB-C & USB-A 3.0 ケーブル」
    だ。

 この急速充電器は、5ポートのうち、2ポートはQuick Charge対応、もう3ポートは2A充電ができるという製品。その結果、

  • 1Aの充電器:5.16V/0.95A → 4.9W
  • 2Aの急速充電器:5.21V/1.50A → 7.8W
  • Quick Charge:7.73V/1.43A → 11W
    となった。
1Aの充電器:5.16V/0.95W/4.9W
2Aの急速充電器:5.21V/1.50A/7.8W
Quick Charge:7.73V/1.43A/11W

 Quick Chargeは、auとソフトバンクでは「クイックチャージ」、ドコモでは「急速充電」と呼ばれている。Webサイトやカタログなどに表記されているので、スマホ選びの1つの材料になるだろう。

 ここ最近の豪雨や地震の避難所のニュースで、数多くのスマホを充電している光景を見かけた。このような時、短時間でより多く充電ができるQuick Chargeが役に立つだろう。また、コンセントが付いた列車や高速バスも多くなってきた。1時間程度の移動時間でも、Quick Chargeだとスマホが十分に充電できる。

おすすめのQuick Charge対応の充電器とケーブル

 このQuick Chargeに対応したおすすめの充電器は、
「Anker PowerPort Speed 5」。5ポートの内、2ポートがQuick Chargeに対応している。
持ち運ぶなら、1ポートがQuick Chargeに対応している「Anker PowerPort+ 1 Quick Charge 3.0 & PowerIQ」だ。

 ケーブルは「Anker PowerLine+ ライトニングUSBケーブル (0.9m)」、「Anker PowerLine+ USB-C & USB-A 3.0 ケーブル (0.9m)」、「Anker PowerLine+ Micro USBケーブル (0.9m)」。iPhoneなどに付属するケーブルは断線することが多いらしいが、このAnker PowerLine+ ライトニングUSBケーブルなら気にしなくてもいい。

ASUSのスマホ「Zenfone Zoom」は、「BoostMaster」と呼ばれている急速充電に対応している。しかし、Quick Charge対応の充電器を接続すると「急速充電中」と表記される。どうやらBoostMasterとQuick Chargeは同じ技術のようだ