付け心地がよいイヤーピース「トリプルコンフォート イヤーピース」

 わたしは、どのメーカーのインナーイヤー型イヤホンでも、イヤーピースはソニーの「ハイブリッド イヤーピース」を使っている。気密性が高くノイズキャンセラがなくても外の音が聞こえないほどだからだ。そんなソニーのイヤーピースだが、新たに「トリプルコンフォートイヤーピース」が販売されていた。

EP-TC50S... | ヘッドホン | ソニー
ソニー ヘッドホン 公式ウェブサイト。ヘッドホンEP-TC50S...の商品ページです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハイレゾ&ノイズキャンセラのイヤホンで試す

 早速、トリプルコンフォートイヤーピースをソニーのイヤホン「MDR-NC750」に装着した。このイヤホンは、Xperiaの純正品として販売されているもの。ハイレゾとノイズキャンセラに対応しており、価格はおおよそ1万円だ。

トリプルコンフォートイヤーピースのパッケージ。4個セットで販売されている
ソニーのイヤホン「MDR-NC750」とトリプルコンフォートイヤーピース
ソニーのイヤホン「MDR-NC750」にトリプルコンフォートイヤーピースを装着した
ノイズキャンセリング機能搭載ハイレゾ・オーディオ対応ヘッドセット MDR-NC750 | ソニーモバイル公式サイト
ソニーのスマホ Xperia(エクスペリア)のアクセサリーを紹介。ノイズキャンセリング機能搭載ハイレゾ・オーディオ対応ヘッドセット MDR-NC750の製品情報。

 ハイブリッド イヤーピースはMサイズを使っているため、トリプルコンフォートイヤーピースも同じ大きさにしたが、最初は大きく感じた。いろいろ試すと、下から上に突き上げるように装着するとピッタリはまった。

ハイブリッドイヤーピースの欠点を解消

 ハイブリッド イヤーピースは、先に挙げたほどの特徴があるが欠点もある。それは、気密性がよすぎることだ。耳にしっかりとはめ込むと、外すときに耳の中が外に引っ張られるような違和感がある。また、耳の穴に皮脂が付いているとすぐに外れてしまう。

 トリプルコンフォートイヤーピースは、これらの欠点を気泡シリコンゴムを採用することで解決している。トリプルコンフォートイヤーピースは、名前の通り、3つの素材で作られている。一番内側のイヤホンにはめる部分は固いシリコンゴム、次に固いシリコンゴムで、一番外側が発泡シリコンゴムだ。この発泡シリコンゴムは、多少の空気を通すためイヤホンを外すときの違和感がないというわけだ。

トリプルコンフォートイヤーピースの構造。3つの素材を用いることで、耳の形に合うように工夫されている
ソニーの3グレードのイヤーピース。左が「ハイブリッドイヤーピース」。中央はハイブリッドイヤーピースにウレタンを埋め込んだ「ノイズアイソレーションイヤーピース」。これは販売は終了している。右がトリプルコンフォートイヤーピース

 一番気になるのは音質だが、ハイブリッド イヤーピースと比べると、多少、低音が抑えられている気がする程度で、大きくは変わらない。

トリプルコンフォートイヤーピースは高価

 これほどメリットがある、トリプルコンフォートイヤーピースだが、欠点は価格だ。ハイブリッド イヤーピースは4個で370円だが、トリプルコンフォートイヤーピースは1,389円。価格は4倍近い。Bluetoothイヤホンを1,640円で買った身からすると非常に高く感じる。

 とはいうが、1,640円のBluetoothイヤホンは、ハイレゾに非対応で無線なのでそれなりの音質だ。トリプルコンフォートイヤーピースを装着するのはバランスが悪い。価格が1万円程度のハイレゾとノイズキャンセラ対応のMDR-NC750に装着するくらいがちょうどいいだろう。