幅が64mmでディスプレイが5.2インチのスマホ「AQUOS R2 compact」が気になる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 わたしは、スマホを片手で操作するため、横幅が狭い製品が好みだ。そのため、これまでXperiaのコンパクトモデルのXperia Z1f、Z5 Compact、X Compactを使ってきた。しかしそのようなわたしの好みとは逆行して、スマホは大型化している。そんな中、発表されたのが幅が64mmのシャープのスマホ「AQUOS R2 compact」だ。

幅が64mmでディスプレイが5.2インチのスマホ「AQUOS R2 compact」が気になる 2
AQUOS R2 compact
幅が64mmでディスプレイが5.2インチのスマホ「AQUOS R2 compact」が気になる 3
スマートフォン AQUOS R2 compact を商品化
シャープは、片手で操作しやすい幅64mmのコンパクトボディにハイエンドモデルの性能を凝縮したスマートフォン「AQUOS R2 compact」を...
幅が64mmでディスプレイが5.2インチのスマホ「AQUOS R2 compact」が気になる 5
301 Moved Permanently

AQUOS R2 compactの大きさは?

スポンサーリンク

 現在、わたしが使っているXperia X Compactは、大きさは約129mm×約65mm×約9.5mmで、質量は約135g。
一方のAQUOS R2 compactは、約131mm×約64mm×約9.3mmで、質量は約135g
だ。Xperia X CompactとAQUOS R2 compactは、ほぼ同じ大きさで質量も同じ。

 さらに、ベゼルが狭くなっているため、本体の横幅はそのままでディスプレイが約4.6型から約5.2型に大型化した。

SIMフリーモデルの販売に期待

スポンサーリンク

 XperiaでもCompactシリーズが販売されているが、SIMフリーモデルが販売されていないため、ドコモから販売されている物しかない。AQUOS R2 compactは、今のところ2019年1月中旬以降にソフトバンクからの販売が決定しているが、一部報道では2019年春頃からSIMフリーとして販売される可能性もあるとしている。AQUOS R compactもMVNOなどを通してSIMフリー版が販売されているのでこれは期待できる。

 しかし気になるのが価格だ。Snapdragon 845を搭載しているため、ハイエンドモデルだ。スペックを確認すると、AQUOS R2 compactは2018年6月に発売された「AQUOS R2」とほぼ同じで、ドコモは95,904円で販売。また前モデルのAQUOS R compactの新品は3万円から6万円程度で販売されている。それを考えると、AQUOS R2 compactは7万円程度は覚悟をしたほうがいいようだ。

 贅沢を言うとより安く小さくして欲しかった。Snapdragonは600番台のミドルレンジで価格は5万円以下、ディスプレイは4.6インチのまま横幅を60mmよりも狭くするといったところだ。また、ストラップホールもほしい。

タイトルとURLをコピーしました