「天気の子」で気が付いた公式サイトのスタートダッシュにはGoogle 広告が必要

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 新海誠監督の次回作「天気の子」が2019年7月19日に公開されることが、14日発表された。まずは公式サイトを確認したかったのだが、GoogleのWeb検索では見つからない。それもそのはずで、公開されたばかりのWebサイトのため、GoogleのWeb検索ではまだ埋もれたままだからだ。

公式WebサイトでもGoogle 広告を使うべき理由

スポンサーリンク

 映画や新製品、新サービスを発表した際。Webのニュースで取り上げられるのは、最小限のコストで拡散するので非常に重要だ。各ニュースサイトは、これら発表したコンテンツや製品、サービスのWebサイトよりも長い期間、運営していることがほとんどだ。そのため、GoogleのWeb検索では上位に表示される。天気の子のWebサイトは、最近、開設されたばかりのため、GoogleのWeb検索ではまだ重要視されていないことになる。

 とはいうが、「天気の子」というキーワードで検索して公式のWebサイトがトップに表示されるのは時間の問題。多くのニュースやブログは、天気の子のWebサイトにリンクを張ったのだろう。そうすると、GoogleのWeb検索において、天気の子のWebサイトの評価が高くなり検索結果の上位に上っていく。

Webサイトの開設時に検索エンジンの上位に表示させるには?

 では、最初から「天気の子」で検索して、検索結果の一番上に公式サイトを表示させるにはどうしたらいいのだろうか。それは、Google広告を使うことだ。

 Google広告ならお金を払えば一瞬で検索結果の上部に表示される。さらに、確実にその位置をキープできる。そののち、GoogleのWeb検索にて天気の子のWebサイトがトップに表示されるだろう。そうなったら、Google広告の役目は終わりだ。

映画の宣伝戦略が垣間見えた

スポンサーリンク

 ちなみにこの「tenkinoko.com」のドメインについて調べてみると興味深い情報が得られた。ドメインの詳細な情報が確認できる「whois」という仕組みがある。天気の子のWebサイトのドメイン名「tenkinoko.com」を調べると、その中に「Creation Date: 2018-07-31T00:00:00Z」という記載があった。これは、ドメインを取得した日付だ。

 7月31日にドメインを取得したということは、それ以前に正式なタイトルが決まっていたことは確実だ。少なくとも約4か月半前に決まっていたが、タイトルと公開日を発表したのは12月14日だ。

タイトルとURLをコピーしました