スポンサーリンク

「いかがでしたかブログ」をWeb検索から除外する

 困ったこと、知りたいことがあればGoogleのWeb検索。しかし、最近は、文字数だけを稼いだ内容の薄いブログが上位に表示されるようになった。このようなことを感じている人は私だけではないようで、「いかがでしたかブログ」と呼ばれているほどだ。そこで、Google Chromeを用いたWeb検索から、「いかがでしたか」を外してみた。

なるほどその手が! Google検索で低品質なブログやキュレーションサイトを除外する小技【やじうまWatch】
 Googleでの検索時に、低品質なブログやキュレーションサイトを検索結果から除外する小技がTwitterを中心に話題になっている。

 いかがでしたかブログの特徴として、「調べてみました」という文字も含まれている。試しに、Google検索でこれらの単語を入力すると、「うざい」と共に検索されているようだ。

GoogleのWeb検索の候補。「調べてみました」と「うざい」を組み合わせて検索されることが多いことが分かる
「調べてみました」と「うざい」を組み合わせて検索されることが多いことが分かる

1. URLバーに「 chrome://settings/searchEngines 」を入力して、「検索エンジンの管理」を表示。[追加]ボタンを押す。

 URLバーに入力しても画面が表示されない場合は、右上のドットが縦に3つ並んだ[Google Chromeの設定]→[設定]→[検索エンジンの管理]→[追加]の順番でクリックする。

Google Chromeの「検索エンジンの管理」
「追加」をクリックすると「検索エンジンの追加」が表示される
Google Chromeの「検索エンジンの追加」
「検索エンジンの追加」

2.「検索エンジンの追加」にて、
 ・「検索エンジン」には「いかがでしたかフィルタ」などの名称を入力
 ・「キーワード」には「gi」(Google いかがでしたかフィルタ)など分かりやすい文字列を入力
 ・「URL」には「{google:baseURL}search?q=%s -いかがでしたか -調べてみました」を入力
 ・「追加」をクリック

検索エンジンの追加で、いかがでしたかフィルタを設定した

3.いかがでしたかフィルタを適用して検索したい場合には、URLや検索ボックスに「gi」[スペース]と検索したい単語を入力する。例えば「Windows 10」の検索結果から「いかがでしたか」を排除したい場合は、
「gi Windows 10」と入力する。

実際に、いかがでしたフィルタを使って検索した

4.「いかがでしたか」をフィルタした検索結果が表示される

 この方法だと「いかがでしたか」「調べてみました」が除外できる。さらに除外したいキーワードがある場合は、
{google:baseURL}search?q=%s -いかがでしたか -調べてみました」 に「 -ザックリ言うと」
などを追加する。