コイン・ボタン電池は種類が多すぎる ― パナソニックは38種類 #コイン電池 #ボタン電池

 コイン・ボタン電池は種類が多い。わたしは、扇風機のリモコン、LED付きの安全タスキ、Pokemon GO Plus、ワイヤレスのテンキーの予備に3種類のコイン・ボタン電池を用意していた。おそらく、Pokemon GO Plusと扇風機のリモコンは同じボタン電池だったと思う。

5つの機器のために4種類の電池が必要

 困ったのは、数日前、ワイヤレスのテンキーの電池が切れた時。交換しようと思ったら、適合するCR2450がなかった。仕方がないからコンビニで探したら置いていないため、ヨドバシ.comで注文した。

改めて確認したら手元にあったのは、

  • CR2032
  • CR2025
  • CR2430

の3種類だ。

しかし、キーボードで使っているCR2450は、手元にはなかった。結局、5つの機器のために4つのボタン電池が必要だったというわけだ。

「 CR2450 」を買い足して4種類。右側のCR2025は、使いかけだがテープを巻いて保管していた
ソニーとパナソニックのコイン・ボタン電池は、いずれもハサミがないと開けられない。これは、子どもの誤飲を防ぐため

 この4種類のボタン電池はいずれも3V。パナソニックによると、CRに続く上2桁は直径(1mm単位)で、その下の2桁は厚さ(0.1mm単位)だ。これに従い型番を読むと、CR2032は直径20mmで厚さ3.2mm。そうなるとCR2032とCR2025は、直径と電圧は同じで厚さが0.7mm違うだけ。さすがにこれはどちらかに統一して欲しい。

リチウム電池/ボタン形電池 | 電池/充電器総合 | Panasonic
コイン形リチウム電池やアルカリボタン電池など環境と安全性に配慮したパナソニックのマイクロ電池を紹介します。

パナソニックのコイン・ボタン電池は38種類

 ではコイン・ボタン電池は、どれほどの種類が販売されているのか。パナソニックの「コイン・ボタン電池」を調べると、

  • コイン型リチウム電池:20種類
  • アルカリボタン電池:6種類
  • 酸化銀電池:8種類
  • 補聴器用空気亜鉛電池:4種類

で全部で38種類にもなる。手元にあるコイン・ボタン電池を使用する機器を見ても、どれかに統一する動きはないようだ。そもそも、直径が同じで厚さが3.2mmと2.5mmの2種類の電池があるのが理解できない。

一番使われているのはCR2032か?

 どのコイン・ボタン電池がよく使われているか調べてみたいが、どうしたらいいのか分からない。そうした中、見つけたのがヨドバシ.comのランキング。2月4日20時現在、1位から5位までメーカーが異なるCR2032だった。そのため、CR2032を使っている機器が多いと推測できる。

ヨドバシ.com - ボタン型電池 通販【全品無料配達】
ボタン型電池の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ.com」で!CR2032(ボタン型電池)やCR2025(ボタン型電池)など人気の商品を多数取り揃えています。ご購入でゴールドポイント取得!今なら日本全国へ全品配達料金無料、即日・翌日お届け実施中。

コイン・ボタン電池の処分には注意を

 このコイン・ボタン電池の処分には注意が必要だ。2018年12月3日、ホームセンターのコーナン千里山田店において、火災が発生した。原因は、コイン・ボタン電池からの出火の可能性が高いとしている。

千里山田店1号館における火災について (PDF)
https://www.hc-kohnan.com/wp-content/uploads/2018/12/20181128_05.pdf

 そもそも、コイン・ボタン電池は、構造上の問題がある。プラス極とマイナス極の絶縁体が1mm未満だからだ。ここにアルミホイルやクリップなどの金属などが触れると、ショートを起こし場合によっては爆発や発火につながる。これを防ぐため、コイン・ボタン電池を処分する際は、テープなどで全体を覆うことをおすすめする。

上がマイナス、側面はプラス。そのため、この両極を絶縁しているのはわずか1mm以下だ。ここに電気を通す金属が触れると、発熱、爆発、発火の可能性がある

そのため、コイン・ボタン電池を廃棄するときは、このようにテープなどで絶縁すると安全だ
タイトルとURLをコピーしました