未だに存在するインプリンタによるクレジットカード決済

スポンサーリンク

 クレジットカードの加盟店に設置されている端末は、接触式ICチップにも対応した物に入れ替わっている。これは、磁気ストライプよりも接触式ICチップの方が偽造が困難なことが理由。そんな時代なのに驚くようなクレジットカード決済に出くわした。「インプリンタ」と呼ばれるカーボン転写機で伝票を発行するというものだ。

スポンサーリンク

20世紀の遺産「クレジットカードの転写機」インプリンタ

 先日、久しぶりに百貨店に行った。その際、最上階のレストラン街で昼食をいただき、レジに行くと、クレジットカード会社のロゴが掲げられていない。しかし、レジの奥に置いてあるクレジットカードの決済端末が見えた。おそらくクレジットカードは使える。いつものようにロゴが貼っていなくても聞いてみた。

「クレジットカードは使えますか?」
「はい、使えますよ」

という返答。

 しかし、なぜか店員はレジを離れて何かを持ってきた。それは、カーボンを使った転写機だった。

 クレジットカードは、番号や名前が出っぱっている。これは「エンボス」と呼ばれていて、カーボン紙と転写機でクレジットカードの表面の文字を伝票に写すためにある。最近では用いることが少ない。JR東日本のSuica一体型のクレジットカード「ビューカード」には、このエンボスがない。

未だに存在するインプリンタによるクレジットカード決済 4
ビューカードはSuicaを便利に使えるJR東日本グループのクレジットカード
JR東日本グループのクレジットカード「ビューカード」は、Suica一体型クレジットカードです。定期券購入やSuicaへのチャージでのご利用でポイント3倍!ビューカードならオートチャージでもう改札でとめられない!
未だに存在するインプリンタによるクレジットカード決済 6
左上にクレジットカードの番号などが転写されている
未だに存在するインプリンタによるクレジットカード決済 7
未だに存在するインプリンタによるクレジットカード決済 8

クレジットカードを決済端末に通したのにカーボン転写決済という謎

 さらになぜか、決済端末にもクレジットカードを通した。そののち、決済端末の伝票とカーボン転写の2枚の伝票にサインをしてようやく会計が終わった。これなら現金で払った方が早い。

 現在のクレジットカード決済端末は、ネットワークに接続していることが前提だ。クレジットカードを端末に通すと、限度額を超えていないか盗難カードではないか、などをカード会社に照会して、問題がなければ決済できるという仕組みだ。

 しかし、このカーボン転写式の決済は電子化していないため、このような照会はできない。そのため、このレストランは端末でカード会社に照会をかけて、問題がなかったため伝票で決済をしたのだろう。

 また、このレストランは、百貨店のテナントの1つ。発行された伝票は、百貨店専用のものだった。端末にも通してカードの情報を伝票に写したのは、この点が関係しているのかもしれない。

スポンサーリンク

カーボン転写式は廃止すべき

 このカーボン転写式の決済だが、今となってはセキュリティーが甘い。クレジットカードに記載されている文字をそのまま転写したのだから、クレジットカード番号、有効期限、名義の3つの情報が伝票にすべて残る。これだけの情報があれば、インターネットでの決済で買い物ができてしまう。

 さらに、この伝票は月末などの締日にまとめてFAXまたは郵送でクレジットカード会社に送っているのだろう。その間、クレジットカードの情報が記載された伝票が店舗に保管されることになる。紛失することも考えられる。

 クレジットカード会社は、通信回線が確保できない加盟店のためにカーボン転写式も残しているのかもしれない。でも、現在においてそのような場所はほとんどない。もう、カーボン転写式の決済は廃止するべきだろう。

タイトルとURLをコピーしました