世界初のYouTuberは13年後に自らを苦しめる #YouTube #ニコニコ動画

 日本で初めて、もしかしたら世界で初めてのYouTuberは、「涼宮ハルヒ」だ。日本でYouTubeが広まったきっかけは、涼宮ハルヒが登場するライトノベルを原作としたテレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」が違法にアップロードされたこと。それから13年後、ハルヒが日本に連れてきたYouTubeは、ニコニコ動画を苦しめている。

2006年に突如として広がった涼宮ハルヒの憂鬱とYouTube

 涼宮ハルヒの憂鬱のテレビアニメが放送されたのは、2006年4月から6月まで。またYouTubeに最初にアップロードされた動画は、2005年4月23日とされている。

 この涼宮ハルヒの憂鬱だが、テレビアニメの開始当初は気に留める人は少なかった。しかし、回を重ねるごとに人気が出てきて、YouTubeにアップロードされるようになった。

 テレビ番組なのにYouTubeにアップロードされて、多くの人が視聴したのは訳がある。それは、涼宮ハルヒの憂鬱は、いわゆる独立系のテレビ局しか放送していなかったためだ。当時はまだ、涼宮ハルヒの憂鬱のようないわゆる深夜アニメは、スカパー!やBSはそれほど力を入れていなかった。ましてやインターネットでの動画配信なんてほとんどない。そのため、放送エリア外の人がYouTubeで涼宮ハルヒの憂鬱を視聴したというわけだ。

ハルヒがYouTubeを陥落させた

 YouTubeにアップロードされた涼宮ハルヒの憂鬱は、日本ですさまじい勢いで広まる。その影響なのか、YouTubeはアクセスしにくい状態に陥った。一説には日本からのアクセスを遮断しているとまで言われたほどだ。

涼宮ハルヒもニコニコ動画もカドカワ

 日本の会社が運営している動画配信サービスもある。それが2006年に開始したドワンゴなどが運営する「ニコニコ動画」だ。2014年には、ドワンゴはKADOKAWAと共同で持ち株会社を設立し、KADOKAWAとドワンゴはその傘下に入った。そのため、ニコニコ動画はカドカワグループが提供するサービスの1つだ。

 これにより、カドカワグループは涼宮ハルヒの憂鬱というコンテンツと、ニコニコ動画という動画配信サービスを有することになった。まさにこれが経営統合により目指したところ。KADOKAWAがコンテンツを制作して、ドワンゴがインターネットで配信するプラットフォームを構築するというのが狙いだった。

ニコニコ動画が不振

 しかし、この構想は崩れつつある。2月13日、持ち株会社のカドカワは、平成31年3月期(2018年4月から2019年3月)の通期業績予想を発表した。売上は、前回の発表よりも240億円少ない2310億円になるなど、下方修正という内容だ。

 この下方修正は、ニコニコ動画とその関連サービスの「niconico」の影響もある。niconicoは、広告費と有料会員の課金で成り立っている。しかし、有料会員サービスであるniconicoのプレミアム会員が減り続けている。直近だと2018年9月末は194万人だったが、2018年12月末は188万人だ。

 さらに業績予想の修正の資料を読むと、niconicoの「ギフト」と生放送サービス「nicocas」の開始、ニコニコ動画の視聴環境と回線の増強を行ったとしている。しかし、いずれも収益につながらなかった。

 このような事もあり、カドカワにおけるniconicoを含めた「Webサービス」セグメントにおいては、今回の売上予想は、前回よりも6.3%少ない255億円に下方修正されている。さらに、カドカワが保有するドワンゴの価値が下がったと判断。38億円の減損損失を計上するなど、カドカワグループの業績に影響を与えている。

YouTubeがニコニコ動画を奪ったのか

 決算資料などにははっきりとした固有名詞は記されていないが、ニコニコ動画の不振は、サービス品質の低下により、視聴者がYouTubeに移ったことにあるだろう。分かりやすいところで言えば、YouTubeは無料だが動画がコマ落ちする事は少ない。しかし、ニコニコ動画は有料会員に優先して帯域を割り当てているにもかかわらず、コマ落ちするようなことはよくあることだという。

 さらに2018年11月には、YouTubeの有料サービス「YouTube Premium」が開始した。これは、YouTubeのすべての動画が広告なしで楽しめるというサービス。今後、ジワジワとニコニコ動画の衰退に追い打ちをかけるだろう。

ハルヒが連れてきたYouTubeがニコニコ動画を苦しめる

 涼宮ハルヒの憂鬱はカドカワの作品だ。また、ニコニコ動画はカドカワのグループ会社のドワンゴが提供している。13年前に角川書店のハルヒが火を付けたYouTubeは、現在カドカワのニコニコ動画を苦しめている。

 ハルヒは、ほんと余計な事をしてくれる奴だ。

タイトルとURLをコピーしました