Google Analyticsの「プロパティ」や「ビュー」をゴミ箱に移動させたときの復元方法 #アクセス解析 #Analytics

 Webのアクセス解析に「Google Analytics」を使っている人も多いだろう。buyTech.todayでも利用しているが、誤って「プロパティ」の「ゴミ箱に移動」をクリックしてしまった。しかし、「ゴミ箱に移動」なら、ゴミ箱から拾えば、すべて元に戻るはず。と思っていたが、そうは行かなかった。

ゴミ箱から拾って数分程度、待つだけ

 これにはさすがに慌てた。buyTech.todayを開始してから半年以上のログがなくなったためだ。アクセスログは、これまでの伸びや改善に役立つからだ。

 いろいろ調べてみたが、身近なところに答えがあった。それが、アナリティクスヘルプだ。

ゴミ箱 - アナリティクス ヘルプ
ゴミ箱に移動したアカウント、プロパティ、ビューを復元します。ゴミ箱には削除を決めたアカウント、プロパティ、ビューを入れておきます。ゴ

 この「アカウント、プロパティ、ビューを復元する手順」の通りに操作をしたが、元には戻らなかった。そう思ったら、いつの間にか復活していた。どうやら、ゴミ箱に捨てたプロパティを戻すと、数字が反映されるまで一定の時間がかかるようだ。

 そのため、このような場合は、ヘルプの通りに操作をして“慌てずに待つ”。それだけだ。

プロパティやビューは35日間は削除できない

 このようにゴミ箱に捨ててしまったプロパティは、拾って待っておけば元に戻る。さらに、このゴミ箱に捨てたプロパティやビューが、完全に削除されるのは35日後だ。

 やはりWebを運営していく上で、Google Analyticsの統計は重要だ。このようにゴミ箱に捨ててから、完全に削除されるまで35日間も猶予があるのは安心できる。

 しかし、このように完全に元に戻るという保証はない。プロパティやビューの操作はくれぐれもご注意を。

プロパティを削除 - アナリティクス ヘルプ
重要: プロパティとそのすべてのレポートビューは、ゴミ箱に移動して 35 日過ぎると完全に削除されます。完全に削除されたプロパティについては

復旧の方法

 そもそもの誤りは、2つのプロパティのうち、必要な方を削除してしまったことにある。

 プロパティを復旧させるには、左下の歯車の[管理] → アカウント下の[ゴミ箱] → 復元したいビューやプロパティを選択、[元に戻す][はい]をクリック。

 これで元に戻ったと思ったら、見慣れたホーム画面にデータがまったく表示されない。

※画像は加工しています

しかし、しばらく待つと元に戻る。

※画像は加工しています

タイトルとURLをコピーしました