Amazonベーシックの単三電池は44個パックよりも100個パックの方が安い #アマゾン #単三電池

 わたしはいつも「Amazonベーシック」の乾電池を購入している。大抵、20個セットだ。そろそろ買おうかと思っていたとき、調べてみると電池の本数により10製品がラインナップされているのに気が付いた。8個で479円から500個で14,435円まで揃っている。

ページが見つかりません

Amazonベーシック単三電池1パックの単価

 Amazonベーシックの単三乾電池は、1パックの個数により10の製品が用意されている。1パックは8個から500個までと幅広い。

8個パック:479円(59.88円)

20個パック:1,115円(55.75円)○

28個パック:1,594円(56.93円)

36個パック:2,073円(57.58円)○

44個パック:2,576円(48.54円)

48個パック:1,332円(27.75円)○

56個パック:1,811円(32.34円)

68個パック:2,447円(35.99円)

100個パック:2,374円(23.74円)

500個パック:14,435円(28.87円)

※()内は1個あたりの価格
※2019年3月2日13時現在
○定期おトク便対象

という結果になった。

 一般的には、1パックに入っている商品が多ければ多いほど、単価は安くなる。しかし、Amazonベーシックの単三電池は、44個パックまでは57円程度だが、48本パックはいきなり27.75円にまで下がる。これにより、44個パックよりも48個、56個、68個、100個パックの方が安いという逆転が起きている。

定期おトク便で割引

単三電池が残り8本。そろそろ予備を注文するときだ

 これらの単三電池は「定期おトク便」で安く購入できる。定期おトク便とは、1か月単位で1か月から6か月の間隔で注文した商品が届くサービス。購入できるのは指定された商品のみで、Amazonベーシックの単三電池は、20個、36個、48個のパッケージが含まれている。

 わたしはこの定期おトク便を使って、乾電池を購入している。しかし、毎月や数か月に1回という設定ではなく、足りなくなりそうだったら次の定期便に追加する形で注文をしている。実際に2月15日に届いた単三電池の20本パックは、定価が1,168円だが、15%引きの993円で購入していた。これにより、単価は49.65円にまで安くなった。

 なお「定期便」と付いているが、1回だけの購入も可能。途中で解約しても解約金などは必要ない。ただし、1か月に1回の配達のため、最大で1か月間、待つ必要がある。

Dash Buttonで単四電池を買うのが安いというブログを書こうとしたら

 実は単四電池の8本パックの単価が安かったため、Dash Buttonで購入するというブログを書いていた。しかし、日本のAmazonではDash Buttonの提供が終了。さらに、8本パックは223円から269円に値上げになり、それほど安い製品ではなくなった。

Dash Buttonで8個パックの単四電池を買うとお得と書こうと思っていた。しかし、Dash Buttonの提供が終了。単四電池も値上がりした