「SMBCデビット」は4つの決済サービスが利用できる #デビットカード #Visa #三井住友カード #電子決済

 SMBC(三井住友)グループの三井住友銀行と三井住友カードは、デビットカード「SMBCデビット」を発行している。当時はキャンペーンだったので、せっかくだからと契約したら、デビットだけではなく4つの決済サービスが利用できるものだった。

「SMBCデビット」は4つの決済サービスが利用できる #デビットカード #Visa #三井住友カード #電子決済 3
「SMBCデビット」は4つの決済サービスが利用できる #デビットカード #Visa #三井住友カード #電子決済 4
デビットカード : 三井住友銀行
三井住友銀行のSMBCデビット(Visaデビット)をご案内します。キャッシュカード一体型「タッチ機能付きSMBCデビット」なら、全国のiD加盟店、世界中のVisa加盟店で口座から即時払いでお買物できます。また、おトクなキャッシュバックや専用アプリなども便利な機能も充実。三井住友銀行に口座をお持ちのお客さまなら、ホームペ...

4つの決済サービスが使える“クアッドカード”

 具体的には、1枚のカードが「SMBCデビット」のほかに、「iD DEBIT」、「Visa payWave」、三井住友銀行のキャッシュカードとして使える。これらに共通しているのは、決済のたびに口座からお金が引き出されること。最近は影が薄くなったが、キャッシュカードは J-Debitで使えるため、1枚で4つのデビット式のサービスが利用できる“クアッドカード”だ。

「SMBCデビット」は4つの決済サービスが利用できる #デビットカード #Visa #三井住友カード #電子決済 6
カードには「SMBC」「三井住友銀行」「Visa payWave」「Visa」のロゴが入っている。

 ほかのサービスは分かるが、キャッシュカードの機能まで付与されているとは思わなかった。そのため、現在、保有している三井住友銀行のキャッシュカードは無効になる。

 また、 SMBCデビットは銀行口座との結びつきが強いが、発行しているのはあくまでも三井住友カードだ。三井住友カードは、SMBCグループでクレジットカードを発行している会社。デビットカード、Visa payWave、iDの決済サービスを提供している。これに三井住友銀行のキャッシュカードのサービスが付いたということだ。

「SMBCデビット」は4つの決済サービスが利用できる #デビットカード #Visa #三井住友カード #電子決済 7
国内クレジットカード会社初の国際ブランド付きデビットカード発行:クレジットカードの三井住友VISAカード

見慣れない「iD DEBIT」と「Visa payWave」というロゴ

 キャッシュカードは口座への入出金、デビットカードはクレジットカードのインフラを利用した決済サービスというのは理解できる。しかし、「iD DEBIT」と「Visa payWave」という見慣れないロゴがあった。

デビット式の「iD」

 「iD」はNTTドコモが運営しているポストペイ形(後払い)の決済サービス。主におサイフケータイの1つのサービスとして提供されている。そのほかにも、三井住友カードなどの一部のクレジットカードもiD決済が利用できる。

 iD DEBITは、その名の通りデビット。決済するとその額が銀行口座から落とされる。

「SMBCデビット」は4つの決済サービスが利用できる #デビットカード #Visa #三井住友カード #電子決済 9
さらにカードの裏には「iD DEBIT」のロゴもある

Visa payWaveはVisaのNFC決済サービス

 Visa payWaveは、Visaが提供するクレジットカード決済のサービス。磁気ストライプや接触式ICチップではなく、非接触式ICカードの規格であるNFC Type-Aあるいは、Type-Bを用いている。

  Visa payWaveは、先に挙げたiDとよく似たサービス。レジの読み取り/書き込み機にタッチすると銀行口座から引き落としされ、支払いが完了する。

「SMBCデビット」は4つの決済サービスが利用できる #デビットカード #Visa #三井住友カード #電子決済 10
Visaのタッチ決済(非接触決済)
Visaのタッチ決済(非接触決済)とは、タッチしてあっという間にお支払いが完了する、Visaの新しい支払い方法です。もちろん海外でも使えます。

  Visa payWaveを提供するVisaのWebサイトには「Visaのタッチ決済」と記してある。その中に、Visa payWaveのロゴが入ったカードがVisaのタッチ決済に対応と具体的な説明がある。

 いわゆるタッチ式の非接触式ICカードの規格を採用しているサービスは、日本国内では、「FeliCa」が大多数を占める。「おサイフケータイ」でFeliCaを使用しているからだ。しかし、世界的に見たらVisa payWaveで採用しているNFC Type-AあるいはType-Bが主流だ。

外国人から見たら?

 このVisa payWaveは、日本人よりも訪日外国人の利用想定していると思われる。日本では、ローソンやマクドナルドなど、一部のチェーン店での利用に限られているためだ。

 外国人から見ると、日本に来ても、いつも利用しているマクドナルドとローソンで、いつものVisa payWaveが利用できる。もちろん訪日外国人さらには、東京オリンピック、パラリンピックで世界中の人を呼び込み、使いやすい決済サービスを提供するためだ。

 ちなみにローソンは、iDとデビットカード、Visa payWaveで決済ができる。店内にはATMが設置されており、キャッシュカードで現金が引き出せるため、ローソンでは4つの決済サービスが使える。このように、電子決済のサービスは多いのにその割合が上がらない、という日本がよく分かる。

デビット払いは多用するかもしれない

 わたしは、買い物やサービスの料金の支払いはほとんどが電子決済で、その主力はクレジットカードだ。しかし、そこにデビットカードが届いた。早速、Amazonの買い物で利用したが、デビットカードのメリットがここで見えた。クレジットカードの明細とは異なり、デビットカードはタイムラグはなく銀行口座の明細に記録されることだ。

 クレジットカードの場合、Web明細に反映されるのは、決済からおおよそ中1日から2日かかる。そのため、数日に1回、クレジットカードの履歴を取り込んだ家計簿サービスとレシートを付き合わせて、購入した物のジャンルや具体的な商品名を記入していた。そのような事をしていると、レシートが貯まってしまうことがある。

 しかし、デビットカードは買い物をしたらすぐに履歴に反映されるため、時間差がなく家計簿ソフトに明細が記入できる。そうなると、レシートが貯まってしまうことはないだろう。

 このように、わたしにとってのデビットカードとクレジットカードの違いは、リアルタイムで明細に反映されるかどうかだということに気が付いた。

タイトルとURLをコピーしました