商品に不具合→日本はたらい回し、中国は新品を2つ送ってくる #サポート

 日本の通販サイトで購入した1万円程度の商品と、アマゾンに出店している3,000円程度で購入した商品の調子が悪くて、それぞれサポートに連絡した。国というくくりの問題ではないと思うが、日本はたらい回し、中国は商品を2つ送ってくるという違いがあった。

1週間経っても何も進まない日本のサポート

 日本の通販サイトで1万円程度の商品を購入した。しかし、しばらく使っていると不具合かもしれない点に気が付いた。そこでメーカーに問い合わせると、1か月以内は販売店に連絡してくれとの返事だった。

 そのため販売店に連絡すると、結局、メーカーに問い合わせているようで、このように設定や環境を変えて試してくれというメールが続いている。もうこのような連絡は5往復もしている。そうこうしているうちに、1週間が過ぎてしまい、未だに解決しない。

 さらに、メーカーは土曜日と日曜日が休みで問い合わせができないから返事は週明けになるという連絡が来た。木曜日の夕方なのに。

連絡を入れたら新品とお詫びで2つを送ってくる中国

 その一方、中国のサポートは対応が早く、賞賛すべきものだった。半年前に買った3,000円程度の品物の接触が悪くなり、ダメ元でメールで連絡するとすぐに返事。新品の送付か返品で、壊れた製品は責任を持って破棄してくれということだった。

 それから数日後。中国の深セン市から新品が送られてきたが、なぜか2個。サポートに問い合わせてみると、詫びにもう1つ付ける、だそうだ。

購入したのは1つなのに、お詫びにもう1つ付いてきた。

送信した文章を読んでいるのは外国人かもしれない

 これが中国のサポートというのは、アマゾンに記載されている住所と、明らかに日本語を母国語としていない人が書いた文章だからだ。

 このように相手が外国人なら返事は簡潔にしたほうが確実に伝わる。中国から届いた最初のメールは、返品か交換かどちらを希望するかという内容だった。この1通目のメールを読んで中国人だろうと思ったので、「交換でお願いします」とだけ書いて返送した。素っ気ないかもしれないが、この方が分かりやすいだろう。日本人なら「ご対応ありがとうございます」などとするが、ビジネスで外国人が相手なら、質問に対する答えだけを一言書く方が分かりやすい。

 とは言うが、お詫びでもう1つ付けてくれたというメールには「謝謝」と返事をしておいた。

タイトルとURLをコピーしました