Google Publisher Toolbarの「このコードをコピーし、アプリケーションに切り替えて貼り付けてください」は[F5]で解決

 ブログの運営において、Googleのアクセス解析サービス「Google Analytics」と、広告収入が得られる「Google AdSense」を利用している人は多いだろう。この2つのサービスを補助するGoogle Chromeの拡張機能「Google Publisher Toolbar」だが、設定が正常に完了しないときがある。このようなとき。最後のWebサイトをリロードすると解決することがある。


「Google Publisher Toolbar」のセットアップの最後の画面。本来なら、
Google Analyticsの機能が有効になるはずだが、
「このコードをコピーし、アプリケーションに切り替えて貼り付けてください」と表示される。このWebページをリロードすると、設定が正常に完了することがある

 この正常に動作しないというのは、AdSenseまたはAnalyticsの「有効にする」ボタンをクリックして画面を進めて行くと、「このコードをコピーし、アプリケーションに切り替えて貼り付けてください」というメッセージが表示されて、機能が有効化できないというもの。Chromeのほかの拡張機能や、ウイルス対策ソフトのファイアーウォールが原因のことも多いようだ。

 しかし、拡張機能やファイアーウォール機能をオフにしてもPublisher Toolbarが正常に動作しないことがある。さらには、Chromeを再インストールしても同様の現象が発生する。

 いろいろ試してみたが、解決策は非常に簡単だった。わたしの場合、最後の「このコードをコピーし、アプリケーションに切り替えて貼り付けてください」のWebページをリロードするだけだった。[F5]を押すか[Ctrl]+[R]を押せばいい。

 そのため、Google Publisher Toolbarが有効化できない場合は、

  1. 「このコードをコピーし、アプリケーションに切り替えて貼り付けてください」のWebページをリロード
  2. ウイルス対策ソフトのファイアーウォール機能をオフ
  3. ほかの拡張機能をオフにしてGoogle Publisher Toolbarだけオンにする
  4. ほかの拡張機能をオフにしてGoogle Publisher Toolbarをアンインストールののち、再インストール
  5. Google Publisher Toolbarをアンインストールしてから、Google Chromeを再インストール

の順番に行うのが良さそうだ。

Google Chromeの「Google Publisher Toolbar」アイコン→Google Analyticsの[有効にする]をクリックする
Analyticsを管理しているアカウントを選択
Analyticsの情報を
Publisher Toolbarに渡すことを許可する
本来なら前の画面で設定が完了するが、
「このコードをコピーし、アプリケーションに切り替えて貼り付けてください」と表示される。このコードをどこにコピーしていいのか分からないが、Webページをリロードをすると設定が完了することがある