Gmailの「送信日時を設定」――注意点もいくつか

 4月1日にGoogleは、Gmailにメールの「送信日時を設定」機能を追加すると発表した。いつものように“順次”開始ということで、すぐには利用できなかったが、わたしは19日にようやく使えるようになった。そこで気がついたが、注意する点がいくつかある。

Write now, send later with Schedule send in Gmail
What’s changing You can now schedule your emails in Gmail to be sent at a later date and time. We’re launching this feature on Android, i...

 「送信日時を設定」機能は、宛名と本文を書いた後「送信」ボタンの右側の▼をクリックして行う。しかし、通常の送信するボタンと一体化しているため、間違えて「送信」ボタンを押してしまいそうだ。

Gmailの新規でメールを作成するボタン
送信日時を指定するメールも、通常と同じく左上の「+作成」ボタンを押して作成する
Gmailの「送信日時の設定」でメールを送るボタン
宛名と本分を入力した後、送信の右側の▼ボタンを押す。しかし、送信ボタンと一体化しているため、間違えてすぐに送信しそうだ

 また、「送信日時の設定」には、「明日の午前」「明日の午後」「日曜日の朝」のボタンがある。これをクリックすると、確認のメッセージが表示されないで、すぐに送信予約とされてしまう。あくまでも予約なので、そのメールはGmailの「予定」ラベルが付けられるだけだ。メールをクリックして送信時刻を設定し直せば問題ない。

送信日時の設定。
「明日の午前」「明日の午後」「日曜日の朝」 と任意の日時が設定できる「日付と時刻を選択」がある
送信日時の設定。
「明日の午前」「明日の午後」「日曜日の朝」 と任意の日時が設定できる「日付と時刻を選択」がある

 このメールの予約時間は、明日の午前などあらかじめ用意されている選択肢のほかに、「日付と時刻を選択」から自由に設定できる。カレンダーで日付を指定して、時刻を入力し、「送信日時を設定」のボタンを押すと完了だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サービスハウツー
buyTech.today