スポンサーリンク

バーチャルホストを用いたWebサイトの移転や新設に便利なツールとWebサイト

 個人や多くの中小企業が運営するWebサイトは、ネームベースのバーチャルホストにより、1つのIPv4アドレスを共有している。この手法は、IPv4アドレスの節約には有効だが、サーバーの移行や新設時に混乱することがある。特にhostsファイルの書き換え。そこで役に立つのが「Hosts File Manager」だ。

スポンサーリンク

hostsファイルの書換が簡単に行える「Hosts File Manager」

 hostsファイルは、メモ帳を管理者権限で立ち上げて編集するなど、手間がかかるというよりも、面倒な作業だ。このhostsファイルを簡単に書き換えられるソフトが「Hosts File Manager」だ。

 Hosts File Managerは、IPアドレスとホスト名が一覧で表示されており、有効か無効か切り替えられるようになっている。

Hosts File Manager

1.「Hosts File Manager」を立ち上げて、[ファイル] → [現在のhostsファイルを開く]でhostsファイルを開く

2.[編集] → [レコードを追加]

3.[IPアドレス]と [ホスト名]、必要であれば[エリアス名]と[コメント]を入力する

4.[OK]をクリックすると設定が一覧に表示される

5.3.と同様にホスト名とIPアドレスを入力する

6.1つのホスト名に対して、複数のIPアドレスが割り当てられてしまうため、有効にしたいIPアドレスとホスト名にチェックを入れる

7.[ファイル] → [名前を付けて保存]でhostsファイルを保存する

8.行う作業に応じて、チェックを切り替えて、ファイルを保存する

IPアドレスの伝搬を確認する「Global DNS Propagation Checker」

 ブログなどのWebサイトをほかのサーバーに移転する際、DNSの設定が必要だ。しかし、このDNSの設定によるIPアドレスの変更がインターネット中に伝わるのに時間がかかる。

 そのため、設定が間違っていてもそれを確認するのも、修正するのも時間がかかる。そこで更新した情報が正しいのか、世界中に伝わっているのか確認できるWebサイトが「Global DNS Propagation Checker」だ。

Global DNS Propagation Checker - What's My DNS?
Instantly check your domain names current IP address and DNS record information against multiple name servers located in different parts of the world.

 Global DNS Propagation Checkerは、ホスト名を入力すると世界中で正引きを実行。その結果が確認できる。これにより、設定が正しいのか、世界中に伝わったかが把握できる。