Windows 10 May 2019 Updateでマウスポインタを大きくする――大型の4Kディスプレイで見やすくなる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 正式版の配布が開始された「Windows 10 May 2019 Update」に追加されたマウスポインタを大きくする機能。特に大型の4Kディスプレイでは、非常に有用だ。

 現在、BenQの32型の4Kディスプレイを使用している。大きな画面にたくさんのウィンドウが開けるので、非常に便利だ。しかし、マウスポインタが小さくて見失うことがある。「Windows スタンダード(特大のフォント)(システム設定)」に設定してもまだまだ小さい。これを解決するため、May 2019 Updateでは、マウスポインタを大きくする機能がある。

マウスの項目ではなく、ユーザビリティを向上させる「簡単操作」で設定

 [Windowsの設定] → [簡単操作] → [カーソルとポインター] → [ポインターのサイズと色を変更する] → [ポインターのサイズを変更する]でマウスポイントを大きくできる。これでマウスポイントが見やすくなった。

「Windowsの設定」で[簡単操作]を選択
左側の[カーソルとポインター]を選択
「ポインターのサイズを変更」のスライドバーでマイスポインターの大きさが調整できる
※マウスカーソルは画面キャプチャできなかった
※マウスカーソルは画面キャプチャできなかった