「Mobile Popover」で売上が30%アップは、すべてのブログに当てはまることではない

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 アフィリエイトやWeb広告に関する情報は数多い。あの広告はクリック率が高い、このアフィリエイトは売上が下がる、などだ。しかし、これらの情報はどのブログにも当てはまるものではない。ほかのブログでは低い数字でも、自分のブログだと高くなることもある。それを実感したのは「Mobile Popover」だ。

Mobile Popoverとは?

 Mobile Popoverは、スマートフォンにてそのWebページに掲載されたAmazonの商品をブラウザの下のバナーで追尾して表示するアフィリエイトリンク。必ず表示されるというものでもなく、画面をスクロールしても出てこないことがある。どのような基準か分からないが、同じ商品を何度も表示するようなことはなく、うっとうしさを感じさせないようになっている。

「Mobile Popover」
本文のアマゾンのアフィリエイトリンクを画面の下に追尾して表示する

 このMobile Popoverだが、アマゾンのWebページには、

「米国で売上30%アップの実績、モバイルデバイス専用ウィジェット『Mobile Popover』」

https://affiliate.amazon.co.jp/home

と書かれている。これは事実なのだろう。

 しかし、このブログではほとんど効果がないのが分かった。

「Mobile Popover」が悪いのではない

スポンサーリンク

 Mobile Popoverのパフォーマンスは、アフィリエイトのホームにログインして、「アソシエイト・セントラル・レポート」 → [レポート] にて集計する期間を設定。「リンプタイプレポート」の「Mobile Popover」で確認した。すると、ほかのリンクタイプと比べると、とてつもなく小さな数字だった。

 Mobile Popoverは、広告が画面のスクロールに追尾するため、コンテンツが見える範囲が狭まる。効果がないなら削除してコンテンツが見える範囲を広げた方がいい。そのため、このブログからMobile Popoverを外した。

 これは、決して「Mobile Popoverは使わない方がいい」と言っているのではない。数字を確認したうえで、このブログでは効果がなかったと判断して外したということだ。

 アメリカでは売上が30%増加したと書いてあるので、50%アップしたブログもそれなりにあるのだろう。Mobile Popoverに限らないが、アフィリエイトや広告の選び方や配置は、自分のブログの数字を見て判断するのが適切だ。

 このように売上が増加するとされている Mobile Popover は、このブログではパフォーマンスが悪かった。ということは、その逆もありえる。一般的にはパフォーマンスが悪いとされている広告やアフィリエイトリンクだが、このブログに合っているという可能性も考えられる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Web制作
buyTech