ブログのサイドバーに検索ボックスやタグクラウドは必要?

 ブログのデザインにおいて、ページの上部に検索ボックス、サイドバーにタグクラウドを配置するのが典型的なパターンだ。このデザインは、“ホームページ”が“ブログ”に移行した時代から続いている。なんの疑問も持たずにこのようなデザインにしていたが、このブログでは優先順位を下げることにした。

タグクラウドはどれだけ使われている?

 タグクラウドと検索ボックスの優先順位を低くしたのは、ほとんど利用されていないからだ。WordPressでGoogle Analyticsを使っているなら簡単に調べられる。例えば、タグクラウドはどれくらい使われているのだろうか。

1.Analyticsのホーム → [行動] → [サイト コンテンツ] → [すべてのページ]を選択する

2.左側の虫眼鏡が付いたテキストボックスに「/?tag=」と入力して、[Enter]を押す

3.表の左上にある「ページビュー数」と「全体に対する割合」を確認する

 これにより、過去1週間でタグクラウドがどれくらい使われたか分かる。このブログでは、全体に対する割合は、ごくわずかだった。そのため、まずは各記事、さらにはすべてのページからタグクラウドを外した。その代わりに、サイドバーに表示する新着記事や人気記事の数、広告を増やした。

カテゴリやブログ内検索の利用数も調べる

 また、先ほどAnalyticsで入力した「/?tag=」だが、「/?cat=」はカテゴリ、「/?s=」はブログ内検索の利用頻度が分かる。利用頻度が低ければ、優先順位を低くする、あるいはなくしてもいいだろう。

Google Analyticsの画面キャプチャーを加工する理由

Analyticsを記事で扱うときに注意したいのが、規約だ。

1.機密保持およびベータ版機能

いずれの当事者も、事前に相手方当事者の書面による承諾を得ずに相手方の秘密情報を使用または開示しないものとします

https://marketingplatform.google.com/about/analytics/terms/jp/

とされている。

この「秘密情報」とは

専有データおよびその他の情報

https://marketingplatform.google.com/about/analytics/terms/jp/

と定義されている。この機密情報には、Analyticsで得られるページビューや訪問者数が含まれていると解釈しているからだ。

タイトルとURLをコピーしました