0.1mm単位のデジタルノギスは1,000円で買える

5.0
スポンサーリンク

 このブログに商品を掲載する際、アナログノギスを使って厚さなどを測って掲載している。しかし、アナログのノギスだと1mm単位のため、厚さが5mm程度の商品を計測するには精度が低い。目盛りが3mmから4mmの間を指していると、どうしても目測になってしまう。そこでデジタルノギスを購入しようと探したところ、1,000円程度で販売されていた。

 「デジタル ノギス 0-150mm HANMATEK DP1」
「デジタル ノギス 0-150mm HANMATEK DP1」
0.1mm単位のデジタルノギスは1,000円で買える 3
パッケージの裏に書かれている仕様。分解能は0.1mm
スポンサーリンク

アナログだと3.5mm程度、デジタルだと3.4mm

 これまで使っていたアナログノギスは、1mm単位の目盛りで最大12cmまで測定できる。ケーブル結束クリップの記事を書いたときに、束ねるLANケーブルは「3.5mm程度」と書いた。

 このLANケーブルは、アナログノギスでは3mmから4mmである事は分かるが、0.5mmというのは目測に過ぎない。実際にデジタルノギスで測定したところ、3.4mmだった。

アナログノギスでおおよそ3.5mmとしていたLANケーブルだが、デジタルノギスでは3.4mm
アナログノギスでおおよそ3.5mmとしていたLANケーブルだが、デジタルノギスでは3.4mm

 では、このデジタルノギスの精度はどれくらいだろうか。荒っぽい方法だが、最大150mmまで計れるノギスを5往復させてみた。150mmを5往復なので、1,500mm(150cm)を測定したことになる。結果は-0.0mm。1,500mmを測定しても、誤差は0.1mm以下なので信頼できる精度だ。

ノギスを5往復、合計1,500mmを測定しても-0.0mm。1,500mmを測定しても、誤差は0.0mm以下ということだ
ノギスを5往復、合計1,500mmを測定しても-0.0mm。1,500mmを測定しても、誤差は0.0mm以下ということだ
スポンサーリンク

アナログノギスは500円、デジタルは1,000円

 今回、購入したデジタルノギスは、「デジタル ノギス 0-150mm HANMATEK DP1」とされている商品。Amazonでは11月14日現在、980円で販売されている。決め手は「Amazon’s Choice」と口コミだ。不自然な点はなかったのでこの商品に決めた。

 さらに探すと、2,499円ながら、0.02mmから0.01mmの単位で測定できるデジタルノギスも販売されていた。

 0.1mm単位のデジタルノギスは1,000円、0.01mmから0.02mm単位は2,500円で購入できるようだ。ブログに掲載する商品の場合は0.1mm単位で十分だ。とは言うものの、2,500円なら0.01mm単位のノギスを購入しても良かったかもしれない。

 ちなみに、これまで使用していたアナログノギスは「シンワ測定 プラスチックノギス ポッケ 100mm 19515」の価格は485円だ。

シンワ測定 プラスチックノギス ポッケ 100mm 19515

シンワ測定 プラスチックノギス ポッケ 100mm 19515

485円(12/14 15:04時点)
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク

実はアナログノギスでも0.2mm程度の精度で測定できる

 このデジタルノギスを購入するにあたり改めてノギスのことを調べていたところ、実はアナログノギスでも0.2mm程度の精度で測定できることが分かった。特に気にもしなかったが、1mm単位のほかに「×0.1mm」と書かれている「バーニアスケール(副尺)」という目盛りもあり、この2つを組み合わせることで0.2mm程度の精度で測定できる。

0.1mm単位のデジタルノギスは1,000円で買える 5
ノギスの使い方と寸法の読み取り方 【通販モノタロウ】
ここではノギスの使い方と寸法の読み取り方に関して、初級レベルでやさしくご説明いたします。モノタロウの本連載では、ノギスの使い方や、どのように寸法を読み取るかを、解説や練習問題を通してお教えします。

 例えば先ほどのLANケーブル。1mm単位の目盛りでは、緑の丸のように3から4の間を指しているため“3”だ。一方のバーニアスケールは、1mm単位の目盛りと重なる部分を読む。すると、赤の丸の部分のようにバーニアスケールは“4”が1mm単位の11mmと重なった。この場合、1mm単位の目盛りは無視しても良い。そうすると、3.4mmとなり、デジタルノギスと同じ値になった。

アナログノギスでも0.2mm程度の精度で測定できる
アナログノギスでも0.2mm程度の精度で測定できる

 ただ、アナログノギスは、どの目盛りとどの目盛りが重なっているか判断が難しかったり、正面から見ないと、正しい値が読めない場合もある。そのため、ノギスを購入するなら1,000円程度のデジタル式をおすすめする。

タイトルとURLをコピーしました