「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】

スポンサーリンク

 「NAS」(Network Attached Storage)いわゆる、ファイルサーバー。現在は、専用機が販売されており、有線LANのケーブルと電源を接続しWebブラウザで設定すると使える。しかし、パソコンでもNASが自作できる。ここでは、「openmediavault」(OMV)をインストールしてNASを構築する。

「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 4
openmediavault - The open network attached storage solution
openmediavault is the next generation network attached storage (NAS) solution based on Debian Linux. It contains services like SSH, (S)FTP, SMB/CIFS, AFS, UPnP ...
スポンサーリンク

OMVを選んだ理由

 OMVを選んだのは、Webブラウザーで管理できること、インターフェイスが日本語、IPv6対応、ファイルシステムのBtrfsに対応しているということだ。また、使い慣れたLinuxのデュストリビューションのDebianがベースであることも理由の1つだ。

「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 6
Features | openmediavault

 また、OMVは必要とするスペックは、

  • CPU:x86-64またはARM互換プロセッサ
  • メモリー:1Gバイト
  • HDD:
    システムドライブ:4Gバイト(メモリーよりも容量が大きいこと)
    データドライブ:必要に応じた容量

と非常に低いのも特徴。

「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 8
Prerequisites — openmediavault 5.x.y documentation

システムドライブとデータドライブは別

USBメモリーへのインストールも可能

 OMVは、システムドライブとデータドライブを別に用意する必要がある。面倒だとは思うが、システムドライブ、データドライブ、バックアップドライブの3つを別々にする方が、管理がしやすく安全だろう。

 このシステムドライブだが、マニュアルにも書いてあるとおりUSBメモリーでも問題はない。試しにUSBメモリーへのインストールを行ったが、16Gバイトはパーティションの自動設定が行えなかったが、32Gバイトでは正常に動作した。使い道がない32GバイトのUSBメモリーがあれば、システムドライブに利用するといいだろう。

 なお、OMVはほかのOSと同様に頻繁にファイルの読み書きする。そのため、USBメモリーを使うと数週間で故障する可能性がある。これを防ぐためOMVのプラグイン「openmediavault-flashmemory」のインストールが必須。ここで使うUSBメモリーのおすすめは、サンディスクの「SanDisk Ultra Fit」。USB 3.1対応で小型という点が評価できる。

「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 10
Installation on USB — openmediavault 5.x.y documentation

おすすめは32GバイトのSSD

 しかし、そもそもUSBメモリーはファイルの頻繁な書き換えは想定されていない。OMVのシステムドライでも利用できるが、これはソフトウェアで制御しているに過ぎない。SSDを使う方が安全だろう。

 今となっては32GバイトのSSDはあまりにも容量が少なすぎる。そのような製品がないかAmazonで探してみるといくつか見つかった。OMVのような用途に販売しているのだろう。価格は1,699円から2,800円程度。USBメモリーが1,100円程度と考えると、あたらに購入するなら多少高くてもSSDをおすすめする。

Transcend SSD 32GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 TS32GSSD370S

Transcend SSD 32GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 TS32GSSD370S

2,819円(12/14 19:51時点)
Amazonの情報を掲載しています
KingDian 2.5 inch SATA2 8GB 16GB 32GB SATAII SSD Solid State Drive (32GB)

KingDian 2.5 inch SATA2 8GB 16GB 32GB SATAII SSD Solid State Drive (32GB)

1,699円(12/14 19:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

 データの保存用とバックアップのHDDは、ウェスタンデジタルのNAS向けのHDDがおすすめだ。今なら、3Tバイトは1万円程度で購入できる。

OMVに必要なハードウェアは?

そのため必要なものは、

  • CPUはx86-64またはARM互換プロセッサ
  • セットアップ用のUSBメモリー
  • システムドライブ用の32Gバイト以上のUSBメモリーまたはSSD、HDD
  • データ保存用のHDD
  • バックアップ用のHDD(必要に応じて)

だ。

 このCPUはどれほどのスペックが必要なのか、はっきり書かれていない。しかし、OMVは軽量なのが特徴のため古かったり遅かったりするCPUでも問題なさそうだ。

 今回、使用したパソコンは、CPUはCore i3-2100T、メモリーは16Gバイト、システムドライブは128GバイトのSSD、データ保存用は1TバイトのHDD、バックアップ用は3TバイトのHDDだ。

  Core i3-2100Tは、2011年第1四半期に発売された製品。コアは2つでスレッドは4、ベース動作周波数は2.5GHz。TDPは35Wのため、デスクトップ用のCPUとしては低消費電力だ。このようなCPUでも問題なく動作するか気になるところだ。

「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 12
インテル® Core™ i3-2100T プロセッサー (3M キャッシュ、2.50 GHz) 製品仕様
インテル® Core™ i3-2100T プロセッサー (3M キャッシュ、2.50 GHz) 仕様、機能、価格、対応する製品、設計資料、製品コード、スペックコードなどが分かるクイック・リファレンス・ガイド。
スポンサーリンク

OMVのインストール手順

大きく分けて

  1. インストール用USBメモリーの作成
  2. OMVのインストール
  3. 最低限の設定
  4. データ用ディスクの追加
  5. Windowsのファイル共有の設定

の5工程がある。今回は、インストール用USBメモリーの作成とOMVのインストールを行う。

1.インストール用USBメモリーの作成

 OMVは、イメージファイルをダウンロードして、USBメモリーに書き込み、パソコンに接続してインストールする。一般的なLinuxやWindowsと同じだ。

 なお、イメージファイルの書き込みのソフトにより、OMVのインストールが起動しない場合がある。そのため、OMVでも推奨されている「Rufus」だと確実だ。

 Rufusは以下のリンクを開くとダウンロードが始まる。1つの実行ファイルで構成されているため、インストールの必要はない。

「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 14
Download Rufus from SourceForge.net
Utility to create bootable USB flash drives

 OMVのインストーラーもURLを開くと自動的にダウンロードが始まる。

「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 16
Download openmediavault from SourceForge.net
The open network attached storage solution
  1. OMVのイメージファイルをダウンロード
  2. 「Rufus」をダウンロードして起動
  3. 「デバイス」でOMVのインストーラーを書き込むデバイス(USBメモリー)を選ぶ
  4. 「選択」でOMVのISOファイルを開く
  5. 「スタート」をクリック
  6. 「ダウンロードが必要です」にて「はい」をクリック
  7. 「DDイメージモードで書き込む」をクリック
  8. 書き込むメディアがすべて消去されるというメッセージが表示されるので確認して「OK」

という手順だ。

「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 18
Rufusの設定。「選択」でダウンロードしたISOファイルを選択、スタートでUSBメモリーに書き込む

OMVのインストール

 OMVをインストールする際。パソコンに接続するのは、システムドライブだけにする。データドライブは、後の設定で追加するので問題ない。インストールは、各種Linuxをインストールした経験がある人なら簡単だろう。画面キャプチャで追っていく。また、OMVのマニュアルとほぼ同じだ。

「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 19
Installation using an ISO image — openmediavault 5.x.y documentation
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 21
キーボードで「Install」を選択
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 22
「日本語」を選択
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 23
「日本」を選択
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 24
「日本語」を選択
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 25
コンポーネントのインストール
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 26
DHCPでIPアドレスなどを取得する
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 27
ホスト名を記載する
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 28
ドメイン名の入力。ほとんどの場合、localのままで問題はない
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 29
管理者用のパスワードを入力
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 30
確認のためもう1回、管理者パスワードを入力する
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 31
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 32
OMVをインストールするドライブを選択する
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 33
インストールするディスクは初期化を行いデータを削除するという説明があるため、確認の後、「はい」を選択
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 34
ディスクのフォーマット
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 35
OMVをダウンロードする必要があるため、近くのミラーサーバーを探す。「日本」を選択
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 36
OMVのインストールに必要なファイルはインターネット上のサーバーからダウンロードする。説明にあるとおり「deb.debian.org」からのダウンロードをおすすめする
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 37
プロキシの設定。ほとんどのネットワークでは特に必要はない
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 38
ファイルのダウンロードとインストールは自動的に行われる
「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 39
これで完了

設定に続く

「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 41
「openmediavault」で自作NAS
「openmediavault」の記事一覧です。
スポンサーリンク

オンラインストレージもNAS専用機もあるのになぜパソコンで構築するのか?

パソコンでNASは拡張性が高い

 NAS専用機が出回るまでは、Windows Serverまたは、LinuxをOSにSambaをインストールて構築するパターンが多かった。しかし、NASの専用機が出回るようになると、ハードルは一気に下がった。NAS専用機に電源とLANケーブルを挿して、Webブラウザで設定をするだけで利用できるようになったためだ。

 その一方、NASに特化したOSも数多く見られる。いずれもLinuxまたFreeBSDをベースにしたもので、Webブラウザから操作できるため、コマンドが分からなくてもNASが完成するというものだ。

 このように、NAS専用機が販売されているのになぜ、自作をするのか。それは、拡張性の高さにある。

 ハードウェアとしての拡張性は、HDDやSSDを数多く設置できることが大きい。NAS専用機は、装着できるHDDの数で価格が大きく変わる。ソフトウェアの拡張性も高く、ウイルス対策ソフトやUPS(無停電電源装置)との連携、Dockerによる仮想化環境の構築が可能だ。

NASとオンラインストレージの併用

 オンラインストレージがメインでバックアップのためにNASを設置するというのも理由の1だ。

 最近、ストレージの見直しを行っており、かなりのデータをNASからOneDriveに移行した。というのも、パソコンにインストールをしているOfficeが2013のため、そろそろバージョンアップをしたかったためOffice 365 Businessを契約。そこに1Tバイト分のOneDriveの利用権も含まれていた。それならと、思い切ってデータファイルはOneDriveに保存しようと決めた。

 OneDriveなら、お金さえ払えば何も考えなくてもいい。データが消失する可能性は自宅のNASよりもずっと低い。履歴も残り、人為的なミスでファイルを失うことがない、ウイルスチェックもある、インターネット接続さえあればどこからでもファイルが参照できるという理由だ。

自宅のNASには何を保存する?

 それではなぜ、NASを構築するのか。それは、音楽ファイル、写真のバックアップ、パソコンのシステムバックアップなど大きなサイズのファイルがあるからだ。

 音楽は自宅では、パソコンでソニーのプレイヤー「Music Center for PC」で聞いている。ここで参照するのはNASに保存した音楽ファイルだ。外出先では、「Google Play Music」。これは、Googleにアップロードした音楽ファイルを再生している。

 一方の写真は、自宅でも外出先でもGoogleフォトを使うようになった。パソコンではWebブラウザー、スマートフォンではアプリを使っている。

 このGoogle Play MusicとGoogleフォトの共通点は、音質や画質は落とすが、保存できる容量や曲数、枚数が莫大であるということだ。

 音楽ファイルは手元に、AACの320kbpsまたはハイレゾの3Mbps程度を保存している。Google Play Musicに保存すると128kbpsのMP3にダウンコンバートされるが、5万曲も保存できる。

「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 43
Google Play Music の保存容量の制限 - Google Play Music ヘルプ
Chrome 版 Google Play Music や Music Manager を使用して、個人の音楽コレクションから最大で 50,000 曲を Google Play Music に追加できます(1 曲につき最大 300 MB

 一方のGoogle フォトは、写真は1,600万画素、動画は1080pに縮小されるが無制限だ。JPEGの写真は1,600万画素があれば十分だ。しかし、一眼レフカメラで撮影したRAWファイルはアップロードするとストレージの占有サイズとしてカウントされてしまう。さらに、RAWファイルは1枚あたり数十Mバイトにもなる。

「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 45
写真や動画のアップロード サイズを選択する - パソコン - Google フォト ヘルプ
必要に応じて写真や動画の画質を変更できます。また、画質を変更することで空き容量を増やすこともできます。 バックアップ オプションの詳細

 このように、Googleのサービスを使うと音楽と写真はほぼ無制限で保存できるが、元のファイルよりもビットレートが落ちる。そのため、手元のNASでも保存しておきたいというわけだ。

 さらに大きなデータを保存する必要がある。それは、パソコンのシステムバックアップだ。データはほとんどOneDriveに保存しているため、PCが故障してもデータを失いことはない。

 このパソコンのシステムバックアップは、数十Gバイトや数百Gバイト単位のファイルサイズとなり回線やストレージを圧迫する。初回のバックアップで百Gバイト単位、その後のバックアップでも数Gバイトのデータを保存する必要がある。そうなると、現在契約している1Tバイトのオンラインストレージもかなり圧迫しそうだ。

 このように、まだまだすべてのファイルをオンラインストレージに預ける体制は整っていない。そのため、オンラインストレージとNASの両方を使い分けることにした。

「openmediavault」で自作NAS【1.インストール】 41
「openmediavault」で自作NAS
「openmediavault」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました