「openmediavault」で自作NAS【3.プラグインでウイルス対策/UPS連動】

 NASに特化したLinuxのディストリビューション「openmediavault」(OMV)。「プラグイン」により、さまざまな機能が簡単に追加できる。ここでは、ウイルス対策ソフトと無停電電源装置(UPS)のプラグインを設定する。

スポンサーリンク

openmediavaultからアラートメールを送信する設定

 OMVは、これらのプラグインのほかに、バックグラウンドで動作しているプログラムがいくつもあり、エラーなどが発生したときにメールで通知してくれる。そのためには、OMVの「通知」にてメールの送信先を設定する必要がある。

 [システム] → 「通知」をクリックするとメールの設定画面が表示される。[SMTP設定]では、普段利用しているメールサービスのSMTPサーバーやアカウント名を入力。[レシピエント]には、通知メールを送信するアドレスを入力する。

openmediavaultも一般的なメールの設定と同じだ。「レシピエント」はメールの送信先。
openmediavaultも一般的なメールの設定と同じだ。「レシピエント」はメールの送信先。
スポンサーリンク

プラグインのインストール

 プラグインのインストールは、

  1. [システム] → 「プラグイン」
  2. インストールするプラグインを選択する
  3. 「+インストール」
  4. 「確認」で問題なければ「はい」
  5. インストールが完了したら「閉じる」
  6. 再読込の確認で問題なければ「再読込」
  7. 場合によってはOMVの再起動

ですべてWebブラウザ上でできる。

プラグインのインストール。必要なプラグインにチェックを入れて、「+インストール」をクリックするとインストールができる。
プラグインのインストール。必要なプラグインにチェックを入れて、「+インストール」をクリックするとインストールができる。
スポンサーリンク

ウイルス対策の「ClamAV」

 「ClamAV」は、オープンソースで開発されているウイルス対策ソフトで、多くのOSに向けてリリースされている。LinuxをベースにしたOMVにインストールするClamAVも、Windowsなどでも感染するウイルスが検知できる。NASには、多くのファイルが保存されており、これらのファイルは様々なOSから利用する。そのため、LinuxのベースのOMVでもWindowsで動作するウイルスの検知は必要だ。

 また、ウイルスの2重チェックという役割も果たす。OMVに接続しているパソコンやスマートフォンなどの端末は、すでに何かしらのセキュリティ対策ソフトをインストールしているだろう。これらの端末から、OMVにファイルを保存するとClamAVがウイルスチェックを行う。そのため、異なるウイルス対策ソフトで2回チェックすることになる。端末だけのウイルスチェックよりもより安全だ。

「openmediavault」で自作NAS【3.プラグインでウイルス対策/UPS連動】 3
ClamavNet

設定

 ClamAVを常駐させるには、[サービス] → [アンチウイルス] → [有効]の項目をオンにして、「保存」をクリックするだけ。設定項目がいくつかあるが、デフォルトで問題ない。

ClamAVを有効化する。オプションは特に変更する必要はない。
ClamAVを有効化する。オプションは特に変更する必要はない。

ウイルスをスキャンするディレクトリーを指定

 リアルタイムでウイルスチェックを行うためには、ディレクトリーを指定する必要がある。
 [アンチウイルス] → [アクセス時のスキャン] → [+追加]
 【アクセス時のスキャン】[有効]をオン、[共有フォルダ]はデータドライブを指定し[保存]をクリック

ウイルスのリアルタイムスキャンの設定
ウイルスのリアルタイムスキャンの設定

スケジュールされたジョブ

 先ほどウイルスをリアルタイムでチェックするように設定した。しかし、念のため、1週間に1回程度はフルスキャンを行いたい。

「スケジュールされたジョブ」→「+追加」→[スケジュールされたjobを追加] → [共有フォルダ]をファイルを保存しているディレクトリーを指定 → [曜日]を選択。スキャンを行う時刻を「分」「時」で指定する。OMVを使っていない時にスキャンを行うのが適切なので、毎週水曜日4時19分とした。

「openmediavault」で自作NAS【3.プラグインでウイルス対策/UPS連動】 5

 この際、注意したいのが「マルチスキャン」。オンにすると、複数のCPUのコアまたはスレッドを用いてスキャンを行う。1つのコアでスキャンするよりも早くスキャンが行えるが、CPUの使用率が常に100%になってしまう。

「openmediavault」で自作NAS【3.プラグインでウイルス対策/UPS連動】 6
CPUの利用率のグラフ。スケジュールスキャンで「マルチコア」をオンにすると、CPUの使用率が100%になった。

 このNASのCPUは、2011年第1半期に発売されたCore i3-2100Tで古く性能が低いCPUのためか、ウイルスのスキャン中は常に使用率が100%になった。過負荷になっていると、OMVからアラートのメールが送信されたほどだ。そのため、あらかじめ「実行」をクリックして試すほうが安全だろう。

 また、電子メールの送信をオンにしておくと、スキャンの結果がメールで確認できる。

誤検知は起きるものと考える

 ウイルス対策ソフトでたまに起きるのがウイルスの誤検知だ。正常なファイルであっても、ウイルスに感染していると検知され、隔離されたり削除されたりすることだ。ClamAVでスキャンをすると、まさにそれが起きた。

 ClamAVでウイルスが混入されたと検知したのは、AUSUのパソコンにインストールするソフトの一部。ネットワークに接続しているパソコンやスマートフォンはウイルス対策を行っているが、ウイルスは検知しなかった。ClamAVと端末のセキュリティ対策ソフトで異なる結果が出たことになる。

 念のため、Webブラウザからファイルをアップロードしたらファイルのウイルスチェックが行える「Kaspersky VirusDesk」でも確認した。しかし、ウイルスは検知されなかった。

「openmediavault」で自作NAS【3.プラグインでウイルス対策/UPS連動】 7
Kaspersky Virus Desk
Kaspersky VirusDeskのウイルス スキャナーを開始すると、&#12...

 ウイルスと判断したのはClamAVだけ、しなかったのは端末のセキュリティ対策ソフトとKaspersky VirusDesk。1対2で安全なファイルと判断した。そのため、これはClamAVの誤検知ということになるだろう。

「openmediavault」で自作NAS【3.プラグインでウイルス対策/UPS連動】 9
ClamAVの設定画面。「検疫」にはデータディスクを指定
「openmediavault」で自作NAS【3.プラグインでウイルス対策/UPS連動】 10
ウイルスに感染したファイルは、隔離する
スポンサーリンク

UPSと連携できる「NUT」

 NUT(Netowrk UPS Tools)は、UPS(無停電電源装置)とOMVが通信できるようにするプラグイン。これにより、OMVがUPSの状態を確認できる。そのため、停電の継続時間やUPSの残り時間などを設定すると、自動的にOMVがシャットダウンする。このNUTはオープンソースソフトウェアで広く公開されており、対応するUPSも数多い。

「openmediavault」で自作NAS【3.プラグインでウイルス対策/UPS連動】 11
Network UPS Tools - Welcome
Power Devices support

 現在、OMVをインストールしたパソコンに接続しているUPSは、APCの「RS 400」だ。NUTに対応する製品を確認したところ、容量が異なる「RS 500」がリストに入っていた。そのため、問題なく動作しそうだ。

「openmediavault」で自作NAS【3.プラグインでウイルス対策/UPS連動】 13
Network UPS Tools - Hardware compatibility list
Power Devices support
「openmediavault」で自作NAS【3.プラグインでウイルス対策/UPS連動】 15
APC RS400VA Sinewave Battery Backup 100V - APC Japan
APC RS400VA Sinewave Battery Backup 100V
APC RS 400VA Sinewave Battery Backup 100V

APC RS 400VA Sinewave Battery Backup 100V

15,510円(01/19 06:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

設定

 NASには、UPSは絶対に必要だ。家庭でも企業でも、NASが停電により停止するのはしょうがない。しかし、データの消失はあってはならないからだ。このデータ消失の1つの原因が停電や雷だ。UPSはこれらが原因の障害を減らしてくれる。

 NUTは数多くのOSに移植されているが、複数のファイルに設定を記載する必要があるなどハードルが高いようだ。しかし、OMVは「有効」をオンにするだけだ。

 また、停電時の自動シャットダウンの設定も簡単だ。[シャットダウンモード]を「UPSがバッテリーモードに移行した時」に設定。[シャットダウンタイマー]の時間を入力する。なお、このシャットダウンタイマーの単位は分ではなく「秒」だ。「保存」をクリックしたら設定は完了だ。

「openmediavault」で自作NAS【3.プラグインでウイルス対策/UPS連動】 17

テスト

 実際にコンセントからプラグを抜いてテストを行うのが良いだろう。少なくともNUTが正常に動いていなくても、UPSの電源でNASは動くはずだ。これが動かなければ、NUTどころの話しではない。

 実際にシャットダウンタイマーを300秒(5分)に設定。正常に5分後にNASはシャットダウンした。

タイトルとURLをコピーしました