ノートパソコンのカメラカバーの装着は要注意

 最近のノートパソコンの多くは、ディスプレイの上部にカメラが設置されている。しかし、ウイルスによりカメラを乗っ取られる危険性があるため、シールやカメラカバーでふさぐとセキュリティ上、有効だ。だがアップルは、ノートパソコンへのカメラカバーの装着は控えるよう呼びかけている。

ノートパソコンのカメラカバーの装着は要注意 3
MacBook、MacBook Air、MacBook Pro のカメラにカバーを着けたままディスプレイを閉じないでください
Mac ノートブックにカメラカバーを着けた状態でディスプレイを閉じると、ディスプレイが傷つくおそれがあります。プライバシーを守るため、Mac ノートブックにはカメラインジケータランプがあり、カメラの使用中は知らせてくれる仕様になっています。

ノートパソコンのカメラカバーは画面に傷が付く恐れ

 アップルのノートパソコンは、閉じた際、ごくわずかなすき間しかないように設計されている。そのため、カメラカーバを設置したまま閉めると、ディスプレイに傷が付く可能性があるとして注意を呼びかけている。

 これは、他社のノートパソコンにも当てはまる。ノートパソコンを閉めるとカメラカバーが干渉する事があるため、使用を控えた方がいい。

 アップルのノートパソコンは、「設計段階からプライバシー対策が万全」としている。それは、カメラの横のLEDランプ「カメラインジケータランプ」があるからだ。このカメラインジケータランプが点灯しなければ、カメラは動作しない設計になっているという。

ノートパソコンのカメラカバーの装着は要注意 5
アップルのノートパソコンのディスプレイ上部。カメラの横に「カメラインジケータランプ」があり、このランプが点灯しない限り、カメラは動作しないとしている。

 また、macOS Mojave(10.14)以降は、ユーザーがアクセスを許可しない限り、カメラが動作しないようになっているなど、カメラのセキュリティは強固だ。

カメラを隠す必要がある場合は専用のシールを使う

 アップルでは、カメラを隠す場合は、厚さが0.1mm程度で接着剤が残らないシールを使うようにとしている。また、0.1mmよりも厚みがあるカメラカバーを付ける場合は、外してから閉じるように、と注意書きがあるが、これは付け忘れと外し忘れがあるため、おすすめできない。

 このアップルが示す条件に合致するシールがある。「クラムワークス 盗撮防止シール」だ。厚さは0.08mmとされており、貼り付ける物の材質にもよるが、ノリが残りにくい。