家に散らばっているドライバーはKTCの「ラチェットドライバー 」ですべて足りる

4.5

 パソコンの組み立てで頻繁に使うのはプラスのドライバーだろう。このドライバーは100円でも購入できる。そのようなプラスドライバーだが、KTCの「ラチェットドライバー DBR14」(DBR14)が気になっていて購入した。ドライバーの先端「先端ビット」が交換できるため、家に散らばっているドライバーはこれ1本ですべて済みそうだ。

ラチェットドライバー DBR14
ラチェットドライバー DBR14
ラチェットドライバー DBR14
ラチェットドライバー DBR14
家に散らばっているドライバーはKTCの「ラチェットドライバー 」ですべて足りる 3
ラチェットドライバ
●先端ビット交換式のラチェットドライバです。●締め・緩めのラチェット操作および、ラチェットの固定に...

KTC? ラチェットドライバー?

KTCとは?

 「KTC」とは、京都機械工具株式会社の略称または、公式サイトでは“コミュニケーションネーム”とされている。社名の通り機械工具のメーカーだ。しかも専業メーカーであり、業務で使用するレベル工具を製造している。また趣味の中でもバイク、自転車、自動車の整備に使う人も多い。

家に散らばっているドライバーはKTCの「ラチェットドライバー 」ですべて足りる 5
KTCツールオフィシャルサイト | KTC京都機械工具の製品情報
KTCツールオフィシャルサイト | KTC京都機械工具の製品情報

ラチェットドライバーとは?

 通常のドライバーは、ネジにはめ込む「先端部ビット」と握る部分は固定されている。しかしラチェット機構を備えたドライバーは、決めた方向にしか回らないようになっている。

 具体的には、ネジは右に回して締める。この際、半周程度でドライバーを握り直し、またドライバーを右に回す必要がある。しかし、ラチェットはその必要がない。右回りの際は、握りと先端部分は固定されるが、左に回すと空転する。そのため、ドライバーを握り直す必要がない、というのがラチェットだ。

KTCのラチェットドライバー「DBR14」で本締め
KTC(ケーテーシー) ラチェットドライバー DBR14

KTC(ケーテーシー) ラチェットドライバー DBR14

3,124円(08/08 05:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

とにかく重たい、まずは軽くする

 DBR14を手に取って一番に感じることは「重たい」だ。それもそのはずで、実測348g。350mlのペットボトルと同じ程度。重さの原因は、7本の「先端ビット」が入っているから。DBR14は、この先端ビットを交換することで、大きさが異なるプラス、マイナス、六角、星形ネジのドライバーとして使える。

 先端ビットは、ドライバーに装着されている物も含めて、8本用意されている。同じ先端ビットが2組みあるため、7種類。1本の先端ビットは、両端がドライバーになっているため14種類のネジに対応できる。

 しかし、普段、最も使うのは同社では「クロスNo.2」とされているプラスのドライバーだ。パソコンのネジや100円ショップ、ホームセンターで販売されている大きめのネジを回すプラスドライバーというと、ほとんどこのクロスNo.2だ。

DBR14には先端ビットが6本+内部に1本+使用中は1本の8本が入っている
DBR14には先端ビットが6本+内部に1本+使用中は1本の8本が入っている
家に散らばっているドライバーはKTCの「ラチェットドライバー 」ですべて足りる 7
DBR14に付属している先端ビット。左側の先端ビットはもう1本、用意されている
先端ビットはDBR14から取り出して「KTC 板ラチェット差替えドライバー ビットホルダー EHDB06」にまとめることをおすすめする
先端ビットはDBR14から取り出して「KTC 板ラチェット差替えドライバー ビットホルダー EHDB06」にまとめることをおすすめする
先端ビットを収納したままだと348g
先端ビットを収納したままだと348g
家に散らばっているドライバーはKTCの「ラチェットドライバー 」ですべて足りる 8
先端ビットを取り外すと246gにまで軽くなる
先端ビットはこのような場所にも用意されている
先端ビットはこのような場所にも用意されている

 次に使うのが六角。家具の組み立てに使われている。大きさはさまざまだ。さらに、ほとんど使わないのが星形だ。メーカーやモデルにより異なる可能性があるが、HDDのネジがこの星形の事が多い。安全に廃棄するためにHDDを分解して、プラッターを取り出し、破壊するときに使える。

DBR14はパソコンの組み立てはあまり想定されていない

 わたしがドライバーを頻繁に使うのは、デスクトップパソコンの組み立てだ。ここでラチェットドライバーを使ったが、ラチェットが“便利”や“楽”とは感じなかった。パソコンのネジ留めは、部品がぐらつかない程度で問題ない。強く締める必要があるのは、CPUとヒートシンクくらいだろう。そのため、パソコンの組み立てではラチェットはそれほど便利に感じなかった。

 また、パソコンのファンなどの取り付けで気が付いたが、ドライバーでネジを締めるとき。若干ではあるが、時々、緩めていた。これは無意識だったが、ネジを緩めファンの位置を調整している。ここで、締める方向に固定していると不便だ。

 これらのことにより、パソコンの組み立て程度では、ラチェットは不要だと考えられる。そのため、ラチェットをオフ、つまり握りと先端ビットを固定して、通常のドライバーとして使える。これでも十分だ。

 このようにクロスNo.2を使うことが多いが、家具は実はNo.3を使うのが適切という事もある。実際に、パソコン用の椅子とカラーボックスはNo.3が適していた。

カラーボックスの組み立てには適している

 このようにパソコンの組み立てには、ラチェットは不要だが、カラーボックスの組み立てでは非常に役に立った。カラーボックスの場合、最後までネジをしっかり締める必要があるからだ。DBR14を右手に持ち、右に回し、左に回して空転して、また右に回してネジを締めるということが、しっかり出来る。

KTC(ケーテーシー) ラチェットドライバー DBR14

KTC(ケーテーシー) ラチェットドライバー DBR14

3,124円(08/08 05:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

DBR14は、メーカー取り寄せ、キャンセル不可

 DBR14だが、個人向けではなく、あくまでも“プロ向け”製品として扱われている。Amazon.co.jpでは、2020年7月現在は通常の商品と同じように扱っているが、7月初め頃はメーカー取り寄せ、キャンセル不可と記してあった覚えがある。ほかの通販サイトも同様で、注文数が少なく在庫を持って異なためかメーカーから取り寄せるため、到着まで10日から2週間程度となっている。

 しかし、「モノタロウ」は、常時、在庫がありそうだ。モノタロウは、プロが使う工具や消耗品を販売しているWebサイト。品揃えはホームセンターと同じと表現するのが適切だろう。

 しかし、“ホーム”センターは個人向けの製品を販売する小売店だが、モノタロウは業務用だ。法人向けの商品は、個人向けよりも長期間に渡りハードに使う、信頼性が高い。このような品揃えのため、モノタロウはDBR14も常に在庫を確保している事が期待できる。

家に散らばっているドライバーはKTCの「ラチェットドライバー 」ですべて足りる 10
DBR14 ラチェットドライバシリーズ 1セット KTC 【通販モノタロウ】 10678832
DBR14 ラチェットドライバシリーズ 1セット KTC 10678832 などがお買得価格で購入できるモノタロウは取扱商品1,800万点、3,500円以上のご注文で送料無料になる通販サイトです。
ネジに合う先端ビットの大きさが分からないときは

 組み立て式の家具には、ネジのほかにそれを締める六角レンチが付いている。おそらく、この六角レンチは紛失したり、まとめて取ってあったりするかもしれないが、どの六角レンチがどの家具の物か分からない事になっているだろう。しかし、DBR14と先端ビットがあれば問題ない。ほとんどの六角穴のネジが締められるためだ。

 DBR14には、4つの大きさの六角先端ビットが付いている。しかし、締めたいネジに適した大きさの先端ビットが分からない事がある。適切な大きさの先端ビットを選ばないとネジ穴が潰れため、確実に選びたい。そんな場合は、大きい先端ビットからネジにはめるのが正しい。

 例えば4mmの場合、5mmは入らない、4.5mmでもダメ、4mmでようやく入るといった具合だ。

 逆に小さい方から試すと、ネジ穴が4mmで、3mm、3.5mm、4mm、5mmの順に試した場合。4mmのネジなのに3.5mmで回せる可能性がある。しかし、ネジの穴よりもドライバーが小さいため空回りすることが多くなり、ネジ穴が潰れ、締めることも緩めることも出来なくなる。

1本買っておくとほかのドライバーは使わなくなる

 パソコン用のドライバーとして使うなら、ラチェットは固定した方がいい。パソコンのネジの締め具合とラチェットは合わないからだ。

 しかし、カラーボックスの組み立ては、ネジをきつく締める必要があるため、ラチェットは有用だ。そのため、パソコンの組み立て時はラチェットを固定して、家具やカラーボックスはラチェットを有効にするのがいいだろう。

 また、KCTでは、さまざまな大きさの先端ビットは当然ながら、DBR14の部品がばら売りされている。これらの製品は、頻繁に新製品が発売される物ではない。そのため、保守部品も数年、または10年以上販売される事だろう。

 家の中を探すと、大きさやネジが異なるドライバーが複数、置いてあることもあるだろう。しかし、DBR14が1本あれば、これらのドライバーの役割を果たす。DBR14を買えば、ほかのドライバーは不要になるだろう。

KTC(ケーテーシー) ラチェットドライバー DBR14

KTC(ケーテーシー) ラチェットドライバー DBR14

3,124円(08/08 05:43時点)
Amazonの情報を掲載しています
ドライバーはそれぞれ特性がある

 ここまで高価なドライバーだから、“DBR14があればほかのドライバーはいらない”と言いたいがそうではない。ドライバーはそれぞれ特性がある。

 手元にあるドライバーを並べてみた。左から握り手が黒いドライバーは「貫通型」、中央の木製は油で滑りにくい、黄色とオレンジ色のドライバーは「1000V」と書いてある電気工事用のドライバーだ。貫通型とは、ドライバーの両端が1本の棒で貫かれているもの。ドライバーを金づちで叩ける。

家に散らばっているドライバーはKTCの「ラチェットドライバー 」ですべて足りる 12
左から握り手が黒いドライバーは「貫通型」、木製は油で滑りにくい、黄色とオレンジ色のドライバーは「1000V」と書いてある電気工事用のドライバーだ
家に散らばっているドライバーはKTCの「ラチェットドライバー 」ですべて足りる 13
握りの部分とドライバーの先端は1本の棒になっており、金づち手叩ける

タイトルとURLをコピーしました