ヨドバシカメラはヨドバシ.comのショールーム

 わたしはたまに関西まで出かけることがあるが、必ず寄る場所がある。それはヨドバシカメラのマルチメディア梅田だ。店舗内をくまなく回るため、3時間から4時間も滞在することもある。しかし、ここではほとんど買い物をしない。それは、気になる商品は通販の「ヨドバシ.com」で購入するからだ。

 普段から気になる商品はGoogle Keepに記録している。まずは、これらの商品から確認。その後、店内を回り購入したい商品のバーコードをヨドバシカメラのアプリで読み取り、買い物かごに入れていく。一通り回ったら、これらの商品を購入するという流れだ。そのため私にとって実店舗のヨドバシカメラは、ヨドバシ.comのショールームだ。

 ヨドバシカメラはこのような購入方法は想定しているのだろう。それは値札に付けられた大きなバーコードと無料Wi-Fiの提供からも推測できる。

ヨドバシ.com - ヨドバシ フリーWi-Fiサービス

 このような施策が実ったのか、2016年度のヨドバシ.comの売上は1080億円という調査結果も出ている。ヨドバシカメラの実店舗における売上は、はっきりとした調査結果などは見当たらないが、各種報道やブログなどの情報では梅田と秋葉原がそれぞれ1000億円という数字が多い。そのため、すでにヨドバシ.comの売上は、梅田や秋葉原を超えていることは確かだ。

【2017年版】EC売上高ランキングまとめ――1位Amazon、2位ヨドバシ、3位スタートトゥデイ | 通販新聞ダイジェスト
アマゾンジャパンが2位以下の企業を大きく引き離してトップとなり、ネット販売市場をけん引
ヨドバシカメラで触れた商品の1つLenovoの「Yoga Book」。キーボードがタッチパネルという商品だ。このような物は実施に触れてみないと分からない

[appbox appstore 549050663]

[appbox googleplay com.yodobashi.iShop]

タイトルとURLをコピーしました