大型ディスプレイにはアーム → アームには水平器

 大きくて4Kのディスプレイが欲しくて購入したBenQの「EW3270U」。31.5型で4Kのディスプレイは、多くの情報が写せるため作業がはかどる。しかし、ゆっくり動画を見たいときには、ディスプレイを手前に動かして没入感に浸りたい――こんな時に便利なのが、ディスプレイアームだ。これで、ディスプレイが上下、前後に自由に動かせるようになった。そんなディスプレイアームには、意外な物が付属していた。それは、「水平器」だ。

水平器とは?

 水平器とは、物を水平に調整するために目安とする道具。「水準器」や「レベル」とも呼ばれる。多くのディスプレイアームは、ディスプレイを画面を横から縦に90度回転できる。そのため、ディスプレイを上下、前後に移動させるとディスプレイがどうしても傾いてしまう。そのため、ディスプレイの水平に調整する必要があり、その目安にするのが水平器だ。

 水平器で一番、簡易で、多く出回っているのが、密閉された空間に油と気泡が入っているというもの。この気泡が中央になるように調整すると、おおよそ水平になっているということだ。

 しかし、ディスプレイアームに付属している水平器は、小さくて、中に入っている油は透明のため気泡が見えにくく小さい。水平を取る際に姿勢を高くするなどしなければならないため、少々不便だ。そのため、気泡が見えやすく、少々、大きな水平器を探した。これがシンワ測定の「ミニレベル平形D」だ。

シンワ測定(Shinwa Sokutei) ミニレベル D 平型 76046

1,224円(04/11 10:32時点)
Amazonの情報を掲載しています
シンワ測定の「ミニレベル平形D」

シンワ測定の「ミニレベル平形D」がおすすめ

 シンワ測定とは、社名にもある通り測定機器の専門メーカー。水平器だけでも、レザービームからキーホルダー型まで用意されている。

レベル アーカイブ - シンワ測定株式会社
レベル・ブルースラント・ 水もり管・デジタルレベル

 ミニレベル平形Dを選んだのは、オイルに色が付いている、どの方向からも見える、平らな部分がありディスプレイの上に両面テープでしっかりと固定できる、大きいという点だ。

 ミニレベル平形Dで使いたいのは水平の調整だ。

ディスプレイアームに付属していた水平器。パソコンの前に座った状態では、水平器の気泡はまったく分からない

 実際、1週間程度使ってみたが、ディスプレイアームに付属している水平器は、座った状態から身を乗り上げないと見えなかった。しかし、ミニレベル平形Dは、椅子に座ったままでも楽に見えるため、調整が容易だ。

左がミニレベル平形D、右がディスプレイアームに付属している水平器。大きさの違いは一目瞭然だ
ミニレベル平形Dはディスプレイと両面テープで固定する
左がミニレベル平形D、右がディスプレイアームに付属している水平器。付属していた水平器はまったく読めない。しかし、ミニレベル平形Dは、はっきり読める

水平器に1,300円も払えるのか?

 このように便利な水平器だが問題は価格だ。2021年3月6日時点で1,288円。ディスプレイを水平に調整する目安なのにこれだけのお金が払えるのか。

 考えてみていただきたい。2021年3月6日現在4Kの31.5型のEW3270Uは49,818円、ディスプレイアームは12,222円で合計62,040円だ。私がEW3270Uを購入した頃は、1万円ほど高かった。ここまでコストをかけた環境なら、それを適切に使うための水平器に1,288円を払うなら安い物だろう。

シンワ測定(Shinwa Sokutei) ミニレベル D 平型 76046

1,224円(04/11 10:32時点)
Amazonの情報を掲載しています