Google Fit

レビュー

これで体重の記録が続かなかったら、もうほかに方法はない――Google Fit&Wi-Fi体重体組成計「Body」

 健康管理の1つとして、体重を毎日、測定している。もう5年程度続けているが、最初は体重を紙にメモを書いて、それを健康管理のWebサイトに入力していた。次は体重体組成計にスマートフォンのNFCを使って測定値を転送。その後、無線LANで自動的にデータを送信するWithingsの「Body+」を使っている。
買い物

Mi Bandのサードパーティーのバンドは使い捨て感覚で次々と替える

 ウェアブルバンドのGoogle Fitに対応した活動量計の「Xiaomi Mi Band 3」。世界中で膨大な量が販売されたためか、サードパーティー製のバンドも数多い。しばらく付属のバンドを着けて、次にカーボンファイバー製のバンドを購入。このカーボンファイバー製のバンドは、なんとなくビジネス用っぽいデザイン。そのため、スポーツっぽいデザインのシリコンバンドを購入した。
気になる

IFTTTと連携できるシート状の睡眠測定器「Sleep」が気になったが、和室に布団には適さない

 現在、ウェアブルバンド「Mi Band 3」を常に身につけており、運動量とおおよその睡眠時間を記録している。しかし、ウェアブルバンドでは睡眠時間の測定には限界がある。そのため、より正確に睡眠の状態を測定できる製品を探していたところ、ノキアのデジタルヘルスケアブランド「withings」の「Sleep」が目に留まった。
ハウツー

Mi Band 3は脈拍計で睡眠計の精度が上がる

 快適に利用しているGoogle Fit対応のウェアブルバンド「Mi Band 3」。運動量の記録のために購入したが、睡眠時間を測定する機能もある。しかし、この精度が非常に悪い。睡眠時間が2時間程度と記録されることも多い。これは、心拍計の自動測定を「睡眠アシスト」に切り替えると、精度が向上する。
気になる

ウェアブルバンド「Mi Band 4」が間もなく発表? Mi Band 3は大幅値下げ

 Xiaomiのウェアブルバンド「Xiaomi Mi Band 3」の後継モデル「Xiaomi Mi Band 4」が、間もなく発表されるようだ。それに伴い、Mi Band 3は3,500円程度まで値下がりしている。
レビュー

ウェアブルバンド「Mi band 3」は初期設定と20日に1回の充電だけで使える #Google Fit #ウェアブルバンド

 運動量や睡眠時間が管理できるウェアブルバンド「Mi band 3」。購入したものの、初期設定以降、ほとんど操作はしていない。さらに装着感がほとんどないため、まったくストレスがなく利用できている。このようにレビューを書くのも忘れていたほど体に溶け込んでいる感覚だ。
買い物

ウェアブルバンド「Mi band 3」はファッションアイテム

 ウェアブルバンドの「Xiaomi Mi band 3」を購入して2週間程度使っている。非常に快適だ。装着感はまったくなく、日中の活動量と睡眠の測定も精度が高い。5,280円という価格とは比較できない商品だ。そんな中、ふとアマゾンのおすすめ商品を見ると、Mi band 3のバンドがあった。なんとなく開いてみて調べたら、Mi band 3のサードパーティーのバンドが無数にあることに気が付いた。...
買い物

Google Fit&Wi-Fi対応の体重体組成計を探す――見つけたのはノキア製

 ウェアブルバンドは「Mi band 3」の購入を決めたが、せっかくだから多機能な体重計いわゆる“体重体組成計”もGoogle Fit対応の製品を使いたい。現在はオムロンの「体重体組成計 HBF-253W」だが、これと同様な体重体組成計を探した。やはり対応商品は少ない。少ないというよりも、ノキアの「Body」シリーズだけだった。
買い物

Google Fitに対応したウェアブルバンドを探す #健康管理 #デジタルヘルス

 ウェアブルバンドの「活動量計 ムーヴバンド3」を紛失した。このウェアブルバンドは、かなり使い込んでおりそろそろ買い替えようと思っていたところ。ちょうどいいから、この際、Google Fitに対応した製品を買おうと探したところ Xiaomiの「Mi band 3」 を見つけた。というよりも、選択肢がこれくらいしかなかった。